レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2014年03月17日

モータースポーツ&電動レーシングカート 開幕♪F1オーストラリアGP

モータースポーツ&電動レーシングカート 開幕♪F1オーストラリアGP

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ




帰省チケットは無事に手に入りましたか♥ ⇒ 「ポイント10倍プラン


いよいよF1開幕しました。

まずはオーストラリアGP。

ちょうど週末のお休み中でしたので、録画せずに観戦させて貰いました♪

事前に情報が入っていましたけれど、随分と雰囲気が変わっちゃいましたね〜。

結論から言うと、レース中に何度か居眠りしてしまいました(笑。

まあ、昨年も居眠りはしてたけれど、今年は居眠り頻度が高かった〜。

つまらない…のとは違うと思いたいんですけど、目が離せない…って雰囲気がますます減ってしまったかも。

放送から視聴者に伝わる情報量が随分と減ってしまった気がします。

ものすごく神経を研ぎ澄まして視聴すると、細かな操作の繰り返しに気が付き、いかにクルマのコントロールが難しくなっているか…も理解できるようです。

が、これがかなり疲れる(笑。

特にわたくし、ここのところの週末は本業の疲れが溜まっていて、居眠りしやすいコンディション。

そこへきて、TVの中の各F1の運転状況を理解しようと注視するんですから、残存体力もあっという間に底をつく(笑。

一方で、ただ単にぼーっと眺めているだけだと、なんだかフォーメーションラップ?を延々と繰り返しているかのように見えちゃう。

決して静かなクルマは嫌いじゃないんだけど、「音」の情報がどれだけ「観戦」を容易にしていたかが驚くほど理解できました。

近々始まるフォーミュラEなどは完全なEV。

独特の高周波音しか聞こえなくなります。

これも「現場」に居れば…の話。

TVで放映されたとしたら、音量をOFFにしてF1観戦しているのと変わりなくなりそう。

ますます放送技術に革新が求められそうです。

今年のF1。

放映側にも新しいアイデアが求められそうですけど、視聴者側も新しい観戦の仕方を考えさせる機会になりそうです。

もちろん、視聴者にそういうことを求めることになると、初めて視聴する人には敷居が高くなっちゃいますよね…。

今年は将来のF1を方向付ける意味でも、重要な1年になりそうです。

そういう意味でも、居眠りしながらも?、目が離せない今年のF1ってことになるかな?





posted by papacchi at 20:58| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。