レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2013年11月25日

モータースポーツ&電動レーシングカート zumef1.com

モータースポーツ&電動レーシングカート zumef1.com

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ




帰省チケットは無事に手に入りましたか♥ ⇒ 「ポイント10倍プラン


最近妄想しているアイデアですが、テレビを複数並べる時代が来るかなと。

電機メーカーさんはテレビが売れなくて苦労しているようなので、こういう方向へ乗り出しても良いんじゃないかなと。

で、そのためにどうするか。

コンテンツが必要です♪

これからのテレビ技術は多分、ほぼ終末的な大型テレビで飽和するんじゃないかなと思って居ます。

4Kテレビですね。

これを居間にどんと置く。

で、大型テレビなんですが、コンテンツが大型テレビ向けになってない。

野球、サッカー、バレー等々、選手のクローズアップも見たいですが、ゲーム全体を見せる映像が少ない。

また、緊急放送等のテロップがせっかくのシーンにどんと表示されたり。

これも不快。

もちろん欠かせない情報なんですけど、せっかく大型テレビで映像を見たり、それを録画しておきたいとき、この文字情報が後々とても邪魔になる。

っていうことで、メインの大型テレビの左右に別のテレビを置いちゃえって話です。

まあPCでも良いですけど、多くの家庭ではテレビ的な映像デバイスの方が馴染みやすいでしょうから。

主放送は大型テレビで観戦。

ゲームの全体像や知りたい詳細情報は隣のテレビでチェック。

3Dが普及しなかった分、それを送れるはずだった映像データ量は別の情報提供用にどんどん使って欲しいなと。

で、そのコンテンツをいきなりテレビ局が作り出すのは難しいだろうなと思って居たんです。

そんな中、「zumef1.com」を知りました。

F1放送をより面白くするための情報提供をするサイトです。

残念ながら有料サイトなので、契約する気はありませんけどね。

ただ、こういうサイトを独立した企業がどんどん進めていけば、コンテンツ提供者がどんどん増えるだろうなと思いました。

こういう風潮が増えれば、テレビが複数並ぶ日も近いと思います。

もちろんテレビではなく、スマホやタブレットでも良いかなと思っていました。

でも、受動的コンテンツ利用が未だに手放せない状況を考えると、テレビコンテンツに連動してウェブサイトも立ち上がるようなサービスになる方が便利でしょう。

そうなるとテレビ的な映像デバイスが主テレビに並んでいてくれる方が便利。

こう考えると、テレビってチューナーと映像デバイスが別売りになってくれる方が重宝するかもって思い始めています。

まあ、映像デバイスをより有効に機能させるために、各メーカーはチューナー部の開発に力を入れて、絶妙な調整を施してセット売りしているわけです。

これをバラにして、映像デバイスはA社、チューナーはB社ってことにして欲しいわけで。

色々ハードルは高そうですけど、いずれはこういう姿になって行くんじゃないかと思っていたりもします。

でも有料コンテンツ化は避けて欲しいなぁ。

CMも映像の中に組み込んだり、主テレビではない他の映像デバイス側に流すとかね。





posted by papacchi at 21:06| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。