レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年11月20日

モータースポーツ&電動レーシングカート モータースポーツとの接点 レーシング・ゲーム


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


まだ学生の頃、レースといえば仲間が集まってのTVゲーム対戦でした♪

サーキットで走ったことも無い頃で、ようやく自分のクルマを手に入れて、夜な夜な山道で危なっかしい練習をしていた頃です。

先日、家電量販店に出かけたとき、PS3のリッジレーサー7のデモ展示をしていました。

リッジレーサーは実車の動きとはぜんぜん違うんですが、簡単にドリフトさせられるので、気分転換にとっても向いているゲーム。

初めてリッジレーサーがリリースされた頃は、1人で、そして、友人と、繰り返し画面内で走り回った覚えがあります。

今回店頭で大人気なくコントローラーを手にして遊んでみたのですが、操作性は相変わらず手軽で、GT4やGT5のようなシビアさ抜きに楽しめるなぁと思いました。

それにしても映像はリアルですね。

GT4やGT5でそのリアルな映像は充分知っていますが、リッジレーサーもこんなに進化しちゃうんだなぁと感慨深いものを覚えました。

そろそろPS3の買い時かなぁ・・・とウズウズし始めちゃいましたね♪

まあ、モータースポーツ・ビジネスで忙しいんだから、ゲームしてる暇なんか無い・・・と言い聞かせ、モータースポーツ・ビジネスで稼いだ時に買えば良いか・・・と納得してみたり(笑。

やはり、ステアリングを使わずにすぐ遊べる手軽さは、リッジレーサーらしさだと思いますね。

もちろん実車でレースしている方が楽しいですが、ゲームにはゲームなりの面白さもあることを知ってますから、こういう楽しさをモータースポーツ・ビジネスにも織り込んでいけたらなぁと思ってます。

何せぶつけても転がっても、お金も掛からないし痛くも無いし。

サーキットのレイアウトを覚えるのにTVゲームを使っている選手も意外と多いですしね(笑。

使い方、楽しみ方次第だと思います。

ちょうど家電量販店には子供達も連れていたのですが、やはり彼らは手を出しませんでした(笑。

本当に興味無いのかなぁ?

ちょっと寂しくなります。




posted by papacchi at 14:30| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。