レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年10月18日

モータースポーツ&電動レーシングカート タレント&アイドル、育成ゲーム♪そしてモータースポーツ・ビジネス


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


ゲーム人気が低迷し続けている中、育成ゲームは依然人気を保っているそうです。

思いのままにならないことが多い日常生活の中で、それでも自分の工夫しだいで、比較的容易にキャラクターを育て上げて行くことができる点に魅力があるのだろうかと想像しています。

これをリアルに行うビジネスモデルを最近ニュースで知りました。

なるほどと思うアイデアです。

特にモーニング娘のプロデュースで知られるつんく♂氏が関わり、秋葉原で展開するカフェで、アイドルやタレントを目指す方たちが従業員、お客様がプロデューサーというコンセプトです。

非常に面白いと思います。

実現する上でどのようにハードルを越えて行くのかに注目したいと思います。

多くの方は、初心者さんや新人さんに向けて「先輩」としてメッセージやコメントを発したり指導した経験があると思います。

もちろん親として子供にアドバイスしたりも含まれますね。

一方、自分が初心者、新人、子供の立場だった時、それを受け取る側の身に立って考えると、大抵は少なからず迷惑、面倒、おせっかいの感を持ちませんでしたか?

与える側と受け取る側が目指す、目標とそのレベルが合致していないと、信頼関係が構築できないどころか衝突を起こしてしまうケースも経験されたことがあると思います。

この目標とレベルを明確にしたとしても、指導者のスキル、受け取る側の思いの強さが次に課題となりますよね。

最近ではさすがにタブー視されるようになりましたが、ゴルフ練習場などではこういう課題が特に散見されたものです。

口は達者だけれど、実の無いアドバイスをする経験者さんの多かったこと。

コーチングという特殊なスキルがあるように、プロデュースも特殊なスキルです。

その中で、多くのお客様がプロデューサーとして機能するようなビジネスモデルを作り上げる。

なかなか難しいと思います。

想像するに、何をすれば多くのお客様に支持してもらえるか、どんなテーマに向かえばどんな層のお客様が支持してくれるか。

ある種、リアルタイムなアンケートや投票システムのようなビジネスモデルで、そのアンケート用紙や投票用紙の機能をプロデューサーという代表的な機能として活用するビジネスモデルなのかな?と想像しています。

この記事を読み、想像した時、現在企画しているモータースポーツ・ビジネスでも大いに考慮、活用したいと感じました。

ざっくりと、モータースポーツは走る側、観戦する側に分けられます。

現在企画しているのは走る側に働きかける要素が多いのですが、一方で、観戦する側の呼び込みと、そのお客様を走る側に動機付けるプランも検討しています。

しかし、観戦するにはそこへ行こうとする気持ちを持ってもらえないとなりません。

また、結局走ることはしないけれど、観戦するだけなら興味があるお客様も多いと思います。

こういったお客様と走る楽しみを追及するお客様を結びつけるアイデアの1つとして、今回の記事が頭に残りました。

具体的にどのように適用していけるかは全くもって未知数です。

が、これまで気付かなかった視点でもあり、非常に興味を持っています。

AKB48の「総選挙」がファンとの強いつながりを生むと気付き、多くのビジネスでも適用方法について検討されているのではないかと思います。

なんでも素直に受け入れ、その上で「なぜ、どうして」を突詰めていくことで、まだまだ参考になるアイデアはたくさん見つけられると思いました。

さて、このヒント。

どう料理しようかな♪




posted by papacchi at 20:45| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。