レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年10月12日

モータースポーツ&電動レーシングカート モータースポーツに対する新しい視点の発掘


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


先週末はお楽しみにしていたモータースポーツイベント、F1日本GPが開催されました。

好天で、現地入りしていた方々にとっても良いレース日和を楽しめたんじゃないかと思います。

私は例年通り自宅でTV観戦。

予選から盛り上がる展開をタップリと堪能させてもらいました。

しかし・・・。

LIVE放送じゃなかったんですよね。

生放送注の様々なトラブルを避けたいとの思いもあるんでしょうが、年々、モータースポーツに対するサービス低下が目に付くようになっていることを残念に思います。

モータースポーツ界の努力不足も否定しませんが。

最新情報は新聞では得られないのは今どき誰もが実感していますが、TVも最新情報を得るツールではなくなってきている気がします。

私はF1GPなどはプロセスを楽しみたい方なので、うかつにtwitterなどを眺めているとTVよりも速く結果を手にしてしまいます。

今年はFIAが提供しているLIVEのラップチャートも見ずに耐えていました。

放送時には、10万人の観客が集まって・・・を強調していましたが、それがこれまで通りにモータースポーツに対する関心の高さを示しているかどうかは疑問です。

今週末は初のF1韓国GPであるにも拘らず、録画放映の予定。

週末の日中など、逆にドラマの再放送に時間を割いているほどなのですから、もう少し営業努力を期待したいですね。

スポンサーさえ集まればLIVE放映できると言うんでしょうから。

それにしても、自宅でモータースポーツを観戦するほど心地良いものはありませんね(笑。

心地良い音と映像を楽しみながら、リラックスできる自宅のソファーでのんびりと観戦できる。

実は・・・決勝レースの途中で、私は居眠りをしてしまいました(笑。

危うくゴールを見損なうところ。

寝ながら音声だけは聞いていたような記憶はありますが(笑。

良いレースでした。

私は自分でサーキットを走っていても「気持ち良いなぁ・・・」と感じている瞬間があります。

それこそ「この振動と音の中で眠れたら幸せかもなぁ・・・」なんてことを感じている。

もちろん目は吊り上って、目の前のマシンを抜くのに躍起になっている最中にですよ(笑。

どういう神経をしているんでしょうね。

アドレナリンの分泌量が多すぎるとそうなるんでしょうか?

さて、TV放映の話題に戻りますが、もうひとつ良かった点がありました。

ゲストで登場したAKB48の女の子。

事前に色々コメントを作り込んで来ていたのかもしれませんが、過去に登場したゲストの中では良い視点でコメントしていたなぁと思いました。

ピット作業のチームワークにドキドキする。

いけてるコメントだったと思いますよ。

もっと色んな価値観をモータースポーツの中に見出せる人が一杯居るだろうなぁと、思わず期待させてくれましたね。




posted by papacchi at 19:28| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。