レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年09月15日

モータースポーツ&電動レーシングカート うつ患者のモータースポーツ・ライフ3


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


それからは、眼と手が動けばあとはパソコンが情報を集めてきてくれます。

本業の会社から届く通知は「退職まであと何日」、「給与返還」、等々のうつ患者を叩きのめすものばかり(笑。

何度かそういう通知を受け取って数日寝込むこともありましたが、それ以外は元気に?パソコン少年な毎日を続けることになりました。

そこで始めたのがブログ&ブログ・アフィリエイト。

ブログ・アフィリエイトも大きな失敗を何度かしでかして寝込んじゃうこともありました(笑。

が、アフィリエイトとは全く無縁の「本音と夢」を書き並べるブログを続けたのが、今考えると、大きな財産になっています。

決して閲覧数が多いブログではありません。

が、中にはコメントやメールを送ってくれる方もおります。

何ヶ月かに1人程度ですが。

でも、書き続けたことで様々な種を蒔いていたようです。

休職期間中は発作を安定化させるために様々な薬の組み合わせを行いました。

結論から言えば、100%発作を抑えることなど出来ないというのが現実です。

ただ、休職開始から約1年と少し。

発作等の症状はあるものの、「このくらいなら全く動けない状態から安定して開放してくれていると言って良いだろう・・・」という処方にまで辿り着きました。

基本的に主治医も産業医も、面会時にカルテを引っ張り出してきて思い出しながら話をするのが関の山です。

私は薬と症状の変化をメモに記録して、それまでに試用した薬の中から自分として妥協できる症状を決めて、薬の種類、数、服用時間を提案しながら、主治医に最終的な処方として診断してもらうように進めて行きました。

もしかしたらもっと良い処方や薬もあったかもしれませんが、将来的に薬を止める準備として薬の数の最小化も視野に入れていました。

そのため、多少の症状が残ることは、逆にその症状が減っていくことをウォッチできる面でも有利(期待を高める)と考えて妥協しました。

あとは「自分がやれる範囲で、本当に自分がしたいこと」を始める、続けるだけ。

そんな中で自分の本音と向き合って整理しなおし、最後の最後にふるいの上に残ったものがモータースポーツと起業でした。




posted by papacchi at 19:29| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。