レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年09月08日

モータースポーツ&電動レーシングカート モータースポーツ・ギアに関するウラ情報


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


モータースポーツ・ギアにはPUMA社の製品が数多く活用されています。

ちなみに私のレーシング・シューズもPUMAです♪

実は先日、PUMAの関係者と思われる方のtwitterにフォローしたところ、面白い話を教えて頂きました。

wikiなどを見れば既に広く知られている情報のようですが、私は全く知らなかったもので。
PUMA(プーマ)社のロゴですが、

puma.jpg


上記のマークが使われているのはご存知ですよね。

で、私はこのマークのモデルは当然「ピューマ」だと思っていたわけです。

が・・・。

実は「チータ」をモデルにしているんだそうです。

そして、ロゴマークの呼称は「プーマキャット」。

そう、「猫」なんだそうで(笑。

PUMAはF1チーム「フェラーリ」等々のチームウェアなどでも正式採用されるほど、モータースポーツにも深く浸透しています。

日本のモータースポーツ界でも、プロ、アマ共に非常に多くの方が愛用しています。

しかし、知らないことって多いです(笑。

ついでに調べてみたら、同じくスポーツ・ギアを製造販売しているアディダス社とも関係が深いことも判りました。

靴工房を営む父を持つ2人のドイツ人兄弟が、1920年代に2人で兄弟社を作って体育館シューズを製造・販売していたのですが、この2人が第二次大戦後に喧嘩別れした。

そして兄が「アディダス社」を作り、弟はその後の「PUMA(プーマ)社」の元となる会社を興したんだそうです。

これも驚きでした♪

たまに実家のある北海道へ帰省すると、空港などのお土産屋さんに「KUMA(クーマ)」とロゴ打った「熊柄」の製品がありました。

まあ、あれはあれで如何な物か・・・と笑って見ていましたが、PUMAも面白い背景があるんだなぁと知ることができました。

そういえばフェラーリのロゴには「跳ね馬」が描かれています。

「跳ね猫」のPUMA(プーマ)ともちょっとした共通点があるわけですね(笑。




posted by papacchi at 19:30| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。