レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年08月29日

モータースポーツ&電動レーシングカート F1日本グランプリ 東日本大震災の被災者3000人を無料招待!


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


モータースポーツの最高峰、F1ビジネスを統括するバーニー・エクレストン。

今年のF1日本GPに東日本大震災の被災者3000人を無料招待する提案をして、これを決定したそうです。

交通費、宿泊費も全て無償提供だそうです。

F1GPに限らず、世界中が積極的かつ前向きに被災者を応援してくれるって言うのは、同じ日本人として本当に有難い事だと思います。

と同時に、ふと思ったのですが、私が最も被害甚大な被災者の1人だったら・・・。

こういった励ましは本当に有難いと思うでしょうけど、「やはりそれどころじゃないんです・・・」という気持ちが先立ってしまうかもしれないなぁ、と想像してしまいました。

現実が頭から離れなくなっているかも・・・しれないなぁって。

サーキットまで行ってしまえば、スパッと気持ちを変えてくれる可能性は高いと思います。

モータースポーツは、それほど非日常的で刺激的ですから♪

限界に挑戦するドライバーやチーム自体が、とても明るく活動しているのも発奮材料になると思います。

そしてそれによって、それまで頭の中を占めていた何かを少しでも払拭して、さらに次に向かうイメージを沢山、強く描けるようになると思います。

でも、その腰を上げる気持ちになれるか。

東北から三重県鈴鹿市までバスで移動するのもそれなりに疲労を伴います。

それを往復。

かなりの気力を使いそうな気がします。

私はかなりの出不精なんですよね・・・。

でも、私のような怠惰な危惧など軽く乗り越えて、招待人数を越える応募者が手を上げて、元気にF1日本GPへと向かってくれるだろうな♪と、信じています!

チャンスやきっかけは苦しい中に見出されるもの。

この先私もそんな中に放り出されたら、是非ともポジティブな行動に向かいたいと思います。

いつもそうですが、結局のところ、被災者の皆さんが一番頑張っていて、そして、被災者の皆さんが私達に勇気を与えてくれると痛感させられます。

私も負けずに元気小僧で前進したいと思います。

ぜひとも一杯楽しんできてください!




posted by papacchi at 22:03| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。