レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年08月27日

モータースポーツ&電動レーシングカート 10年前の技術からの進歩


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


もう10年以上も前に、まとめたり、収集した「資料」まで遡って、あらためて電動(EV)レーシングカートの再検討をはじめています。

現在の技術でもまだまだ補えない部分が沢山あることを実感します。

ただ、「何とか出来んじゃないか?」発想で、見直しを進めています。

また、当時は気付かなかったような課題を、今の自分は結構知っていることにも気付き始めています。

これらを今まとめたからといって、これから何かが始まる訳ではないんですが、まず一度、具体的に一通り完結した絵にしてみようと思っています。

実感されている通り、10年前と比較すると、EV(電気自動車)や太陽光発電を取り巻く環境は飛躍的な進歩を遂げました。

しかし、そこで用いられる技術はまだまだ高価。

それらの技術を電動(EV)レーシングカートに流用するには、まだまだ長い時間が必要と感じられます。

ただ、技術が実現し、実績を積み上げ始めている現在は、やはり10年前とは大きく異なって、数多くのチャンスを与えてくれる可能性も高くなっています。

まともに電気自動車(EV)や太陽光発電の技術を流用するのではなく、少し視点を変えて「何とか形にする」ことは充分可能になってきている気がしています。

どのような形で絵がまとまるかはまだ判りません。

が、もしかしたら面白い結論がその絵に描かれるかもしれません。

ノベルを書く時のように、楽しんで描いてみようと思っています。

そういやノベル、作業が滞っちゃってるなぁ・・・。



posted by papacchi at 18:56| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。