レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年07月19日

モータースポーツ&電動レーシングカート あと数ミリ!


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


モータースポーツ・ビジネスで取り組もうとしているビジネス・モデルがどうしてもイメージ出来ずに居ます。

様々なビジネス書やノウハウ情報をかき集めて読み漁っているのですが、そもそも実現しようと考えているビジネス・モデルの骨格すら頭に描けて居ないので、知識として得た多くの情報をどのように適用したら良いか・・・どころか、どのノウハウをどこに活用することが出来るのかすら思い付けません。

もう少し問題や課題を細かく切り分けて本質的な部分を炙り出せないと、ここから先に進められない・・・という状況です。

手の付け所が判らないまま、既にどれだけ時間が経過したか考えたくもありません。

が、何もしないよりは数多くのビジネス・ノウハウを知識として得たことは良しとせねばなりません。

しかし、結果に繋がる具体的行動に移れないのは本当にじれったいものです。

とにかくやってみる!で進めてきたWEBビジネスも収益力が停滞したまま数年を経過。

モータースポーツ・ビジネス以前にWEBビジネスの現状打破を最優先して、よりリアルなビジネス手法を学ぶべきなのかもしれません。

収益2倍化を目指して幾つか投入したアイデアも、この数ヶ月で顕著な成果をあげる事は出来ませんでした。

どちらかというと、ここのところの不況のあおりで、全体的に収益性が下がっていると感じることもあります。

どんなツールを使って、どんな場所で実行しようと、ビジネスはビジネス。

一旦収益を得られるところまで漕ぎ着けたのなら、それをさらに成長させられないというのは起業家としての実力不足そのものに原因があります。

まだまだ、モータースポーツ・ビジネスを考え取り組んでいくには未熟ってことでしょう。

でも、もがき続けるしか私に出来ることは残されていません。

どうせ何もしなければ結果は得られなかったんです。

時間をかけて考えても答えが得られないとしても、チャンスそのものはまだ手放していないのですから運が良いと思わなければ。

トンネル堀の話を思い出しました。

10年かけて掘り続けたトンネル・・・。

最後の最後に精根尽き果てて、トンネル開通を果たせずに諦めた・・・。

そこへ別の人間がやって来て金槌でひと叩きすると・・・明るい光が差し込んだ!
あとたったひと叩きのところで諦めてしまったわけです。

まあ、現代のトンネル堀は科学的手法を活用して驚くほど正確に進めますから、あとどのくらいでトンネルが開通するかは常に判ってるでしょう(笑。

でも、この諦めたトンネル堀の様にならないよう、「成功するまで諦めない!=何があっても成功させるってことですね♪」を全うしたいと思います。

う〜ん・・・。

でも、こう考えると、果てしなく重荷に感じちゃうなぁ(笑。




posted by papacchi at 20:31| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。