レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年07月09日

モータースポーツ&電動レーシングカート 現場主義と1人きりの時間


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


自宅でモータースポーツ・ビジネスやWEBビジネスを考えている時と、オフィスで本業を考えている時とで、集中の度合いが明らかに違うことに気付いています。

本業ではオフィスはそこそこ賑やかで・・・というか、怒号が飛ぶなど五月蝿くて仕方ない程ですが、他にすることも無いので(笑、かなり集中して業務を進めています。

入社以来、デスクに座るとほとんど無駄口を叩かずに作業する習慣があって、ある意味では事務仕事に向いている環境かなぁと思います。

ただ、アイデアを思いつこうとすると、オフィスは劣悪な環境です。

ポツンと1人きりになって静かに考える場所が無い。

その点、自宅はどうか?というと、工作室を兼ねた屋根裏書斎があるのですが、ついつい居間で作業してしまう。

せっかく帰宅しているので、家族と一緒に居たい気持ちが強いんですね。

そうすると、家族が寝静まってからが思考に向いた唯一の時間になってしまいます。

で、そこからズルズルと・・・。

今も気を抜くとやってしまうんですが、休職前の週末は朝、家族が起き出して来るまで居間で1人の時間を過ごしてしまう。

結局、それから寝ますから、昼過ぎに起きたりと、家族との一緒の時間を減らしてしまうことになるわけです。

どちらがベストか?ということなんですが、やはり仕事時間をきっちり決めて、書斎に篭るのがアイデア創出に向いていて、すべき事がまとまったら、周りも喧々轟々と仕事をしているような雰囲気が良い。

その両方を行ったり来たり自由に出来るような環境があると良いなと思います。

モータースポーツ・ビジネスだけでなく、本業でも起業でも、現場での作業が面白いと思うでしょう。

すべき事が決まっていればですけどね。

基本的に現場が好きです。

ただ、アイデアを1人きりで考えるのも大好き。

最低でも半々の時間配分で交互にやれると良いですね。

今は雇われの身ですからそうそう自由には出来ませんが、必ずそういう環境を自分で作りたいと思います。

そう成らなければ、自分がしたいことなど出来っこないですしね。

今はとにかく危機感を持って、1秒でも早く次のステップへ辿り着くことです。

煮詰まっている時間が増えていますが、本当に今を脱却して一つでも夢に近付きたいなら、やり抜くしかないですよね。




posted by papacchi at 20:42| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。