レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年07月08日

モータースポーツ&電動レーシングカート モータースポーツに向けた七夕の願い(遅ればせながら)


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


嫌だ!と思うと、途端に体調を崩しやすくなっています。

昔はけんか腰で臨む打ち合わせが楽しくて仕方なかったんですが(笑。

モータースポーツで実際にレースに臨む時の緊張感は、恐怖感も伴いますが、期待もそれ以上に共存していて、スタートを切ってしまったらブレーキングのタイミングを探す時以外は恐怖感は吹き飛んでしまいます。

その点は今でも変わっていないようです。

ただ、ビジネスに関わるコミュニケーションの場で、特に自由度が少ない本業の「会議」では、酷くストレスを感じるようになってしまいました。

職場が担うミッション故もあり、これは仕方の無いことなのですが、かつて研究者として走り回っていた頃に比べると窮屈で仕方ありません。

起業が目標ではありますが、本業としてももっとチャレンジングな恐怖感を感じる仕事を探そうか・・・?なんて気になってしまう機会も増えました。

在籍している職場も、もともとはもっとチャレンジングに活躍できていた風土があったのですが、私が転籍した頃から急激に空気が変わってしまいました。

組織は人で如何様にも変わってしまいますが、現在の職場もその典型だと思います。

管理職として振舞わずに済むようになったので、その点ではまだ自由度が高いです。

気の合う研究者と陰でこそこそ、新しい技術を実験したりくらいは楽しませて貰っています。

商品化できるかは怪しいですけどね(笑。

やはりビジネス視点で取り組める企画〜販売・サービスまでスルーした仕事をしたい。

子供の頃に感じたモータースポーツのビジネス世界はまさにそういう仕事で一杯だと思っていました。

まあ、さすがにこのご時勢。

分業化が進み、過剰な分業で逆に効率を落とスケースも多いと思います。

でも、今すぐ結果を出さなければならない緊張した空気に包まれているモータースポーツ・ビジネスは、モータースポーツが好きであれば、逆に代え難い期待感を堪能させてもらえる気がします。

今の本業のように決まった時間で業務が終わり…というような安心感は無くなってしまうでしょうけど、それが本当に自分が望むもので無い以上はこれ以上長く付き合っている理由は1つしかないです。

あえて言いませんけど(笑。

とにかく、次のステップへ最短で突っ走りたい。

今の思いはそれだけです。

ちょっと遅れての七夕の願いですが、「大願成就」。

頑張ります♪




posted by papacchi at 22:31| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。