レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年06月20日

モータースポーツ&電動レーシングカート モータースポーツ関係者のタフすぎる毎日


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


自宅では2台のノートPCを並べて1台で書き物、1台で情報収集をする作業が習慣になっている。

他のPCは自動作業やWEBサービスの提供等々を黙々とこなしている。

情報収集用PCを眺めていると、先週はTwitterでマレーシア・セパンサーキットで開催されるSuperGTのドライバーや関係者が盛んに情報を流していた。

このSuperGTはちょうど昨日、決勝レースが行われたのだが、日本国内から飛び出して、アジア・ラウンドも行うようになったモータースポーツ・イベント。

昨今のモータースポーツ人気停滞の歯止めを打とうと、新たなチャレンジが始まっている。

Twitterに情報を流してくれるドライバーの中には、次はヨーロッパへ行ってレースする人も居たりと、休みなく世界中を飛び回ってプロ・モータースポーツ活動を続けている。

昔は私自身もそういうモータースポーツ漬けの生活を送りたいと強く望んだものだが(笑。

いま考えると、とてもタフな生活だと思う♪

さて、週末、週明けの今日と、珍しく体が重く感じられた。

予定が入っていないという緊張感の欠如も重なったのかもしれない。

寝起きの後もぼんやりとしていて、土、日と、ノルマの作業をこなした以外は、時間だけが勝手に過ぎていった感が強い。

まあ、その分充分に休息できたと思う。

寝ていてもタップリ夢も見ているようだし、「タップリ寝た」実感があるのはありがたい。

以前のように、横になったと思ったらもう朝・・・のような、ヘトヘトな寝起きは遠慮したいから。

ただ、少しばかり問題なのは、やらなければならないのに億劫で手を出さないものが若干あること。

予定が入っていなかったのは要請が無かっただけで、自ら次に進めなければならないものはいろいろとあった。

リアリティの無い切迫感だけが警告音を鳴らしていたけれど、結局、「たまにはのんびりも良いだろう・・・」と自分に言い訳してしまった気がする。

体が重いと、本当に何もしたくなくなる。

興味の無いテレビ番組が付きっ放しになっていても、リモコンに手を伸ばしてチャンネルを変えたり電源を切る元気も起きない。

それでも、取り溜めてあったモータースポーツ番組を一気に見終え、幾つか情報やヒントを得ることは出来た。

多少の「負けん気」がまだ残っていたと思う。

でも、頑張れたのはそこまで。

週明けの今日1日を過ごした今も、まだ若干頭がぼんやりしている。

億劫さが体中に充満しているといった方が自分でも判りやすい。

「しかたない、やるか!」の気持ちにまで至っていない。

ちょうどそういう節目なのかも。

ノルマだけはしっかりこなして、せっかくなので他愛も無いネタをメモしたり、遡って読み直したり、参考にしている本もあらためて読み直して、モチベーションを取り返そうと思う。

「今日は○○○するぞぉ!」と目覚められることの有難さを、痛感させられるこの数日である(笑。




posted by papacchi at 21:11| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。