レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年06月11日

モータースポーツ&電動レーシングカート リビングルームからフランス・サルテサーキットへ!2011年ル・マン(LE MANS)24時間耐久レース


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


さあ、いよいよあと数時間で今年のル・マン(LE MANS)24時間耐久レースがスタートします♪

ポテトチップス、買い込んで来ましたか(笑?

見て楽しむモータースポーツとしても、お祭り気分を堪能できるル・マン。

いつかはエントラントとして現地に居たいものです。

今年は残念ながらファンの1人としてしっかり楽しませてもらいますけどね。

ことしのル・マン観戦チャンネルも昨年同様にインターネットを利用します。

とうとう日本ではテレビ放映もされなくなってしまいましたもんねぇ・・・。

この事態にはモータースポーツ・ビジネスを抜きにしても、1人のモータースポーツ・ファンとしては深刻な危機感を持っています。

そりゃ、専門チャンネルを見れば観戦できるでしょう。

でも、それはそれ。

モータリゼーションの歴史と伝統の一つを、これからEVで世界を席巻しようと目論んでいる日本が関心を持てずに居る。

日産が電気自動車(EV)LEAFを持ち込んでPRだってやってるのに。

狭い日本、そんなに急いでどこへ行く?

大昔、交通安全向けのコピーで流行った言葉があります。

モータースポーツなんて、モータリゼーションの促進や電気自動車(EV)でのリーダーシップ獲得に何の意味があるのさ?と思う人が大部分でしょう。

移動できればいい、荷物を運べればいい。

アメリカ人が大改造した自動車の特番映像を見て笑っている日本人。

あれ、日本人にはできない芸当です。

いつまでも、安く、高品質でエコなクルマを創れることでモータリゼーションを牽引し続けていけると思わないで欲しいものです。

創造力。

モータースポーツが最も得意とする分野だと思います。

さあ、せっかくの土曜の夜です♪

エンジョイ!ル・マン(LE MANS)24時間耐久レース♪

私は以下のチャネルで楽しもうと思っています。

Audi Live Racing
http://www.audi-microsites.com/lemans

PEUGEOT SPORT
http://www.peugeot-sport.com/fr/accueil.html

SPEED「24 HOURS OF LeMANS」
http://www.speedtv.com/programs/24-hours-of-le-mans/

radiolemans.com
http://www.radiolemans.com/

Ustream
http://www.ustream.tv/discovery/live/all?q=le%20mans

他にもあるかもしれませんので、並行して探して行こうと思います。

twitter、Facebookからも情報発信することもあると思いますので、そのときは是非一緒に楽しみましょう♪

もちろん、F1カナダGPも忘れてませんよぉ!

今年の誕生日は何て贅沢な日なんだろ♪

では、素敵な週末を!




posted by papacchi at 17:50| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。