レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年06月10日

モータースポーツ&電動レーシングカート いよいよ2011年ル・マン(LE MANS)24時間耐久レース


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


私が毎年「観戦するモータースポーツ」として楽しんでいるのが、F1GP、そしてル・マン24時間耐久レース。

もっと過去には、ここにINDY500マイル・レースも加わっていたのだが、10数年来ご無沙汰の状況。

今年もついINDY500マイル・レースを見落としてしまった。

年の初めにスケジュール帖に明記する習慣が必要かもしれない。

一時期はWRC、スーパーGT、フォーミュラニッポンも「観戦するモータースポーツ」として楽しんでいたけれど、さすがに時間が不足してしまい、これらも暫くご無沙汰の状況。

タイミングが合ったときにだけ視聴するような楽しみ方になってしまっている。

さて、今週末はル・マン24時間耐久レースが開催される。

公道を一部組み込んだフランスのサルテ・サーキットを24時間連続で限界走行を続けるチーム、ドライバー、そしてレーシング・マシン達を見続ける。

モータースポーツに対して興味を持って頂けない方などからは、F1GPなどもそうだが、「同じ場所を延々と周回し続けるレースを見ていて、良く飽きないものだ。」と冷やかされる。

が、見ている私にとって、同じラップだと感じることはめったに無い。

スプリント系のレースで、レース開始早々から一見決着がついている様なレースであっても、その中で虎視眈々と戦略・戦術が繰り広げられているのを知っているから、そのアクション、結果がいつ現れるかが楽しみで仕方ない。

最近はTV放映だけでなく、インターネット経由でリアルタイム映像を贅沢に視聴できるようになった。

昨年も、ル・マン24時間耐久レースはテレビ放映は視聴せず、世界中のファンと会話しながらUstreamでレース全体を視聴して、同時に、プジョー、アウディがオリジナルで流し続けたオンボード映像を視聴し続けた。

このときはパソコン2台体制で3画面を同時に堪能させてもらった。

今年はさらに余裕を持って望もうと、パソコン3〜4台を投入しようと考えている。

テレビは家族が別の番組を楽しみたいであろうから、100%パソコン経由での視聴となる。

現在、配信先の調査、とりまとめをしているけれど、当日の放映内容によって逐次切り替えて行くことになりそう。

いつかはサルテ・サーキットへ・・・という思いがあるけれど、自宅で十二分に情報を得ながら、のんびりと観戦できると言う点では良い時代になったと思う。

そう考えると、どうせサルテ・サーキットへ行くのなら、自分がレースに参加する形で行きたいと思う。

そうなると、エントリーしてみたいサーキット、レースは山ほどある。

レンタルカートから始めるモータースポーツ・ビジネスから、私の夢もどこまでステップアップして行けるか?

ポテトチップスを頬張りながら、この週末、レーシングサウンドをBGMに、のんびりと瞑想してみようと思う。

そういえば、この日曜にはちょっと大き目の55型のテレビが我が家にやってくる。

やはり、大きい画面の方でル・マンを見たくなってきた♪




posted by papacchi at 22:54| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。