レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年06月09日

モータースポーツ&電動レーシングカート レンタルカートの世界選手権


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


レンタルカートの情報統合スペースが欲しいと思い、モータースポーツ・ビジネスの実践スタディの一環として、先週から少しばかりWEB上での試作作業を進めている。

将来的には、レンタルカートを利用するお客さんと、レンタルカート場、メーカー、サプライヤー、その他、レンタルカートに関連するグッズ、サービスを提供する企業さんが、相互に情報収集できる「場」となれば良いなぁと思っている。

モータースポーツに特化した起業ではなくても、モータースポーツ前後にお世話になるようなサービス、モータースポーツを新たな視点で楽しませてくれるようなサービス、製品もどんどん巻き込んで行きたいと思っている。

とりあえず私に今できる事は、汎用的なネットワークを利用して、少しでも参加機会を広げることだと判断。

完全にオープン化されたTwitter、制限は少し増えるもののSNS(Facebook、Mixi)に、それぞれ情報スペースを開設した。

3つのサイトに分離独立しているので、重複登録したりと不便を強いる点が多いけれど、これとは別に新規に統合サイトを立ち上げて、そこを介してシンプルに利用できるスタイルに進化させたいと考えている。

調べてみると、レンタルカートを利用するお客さん側が開設している「一緒に走りましょう」な仲間募集サイト、レンタルカート場が開設している「予約状況、イベント予定」なPRサイトは充実しているけれど、純粋に「役立つ情報、とくとく情報」を公開しているサイトがなかった。

また、「レンタルカート」を活用した「新しい楽しみ方」に触れているサイトも見つけられなかった。

どのような点を強化していけばレンタルカートの普及、ひいては電動(EV)レンタルカートや電動(EV)レーシングカートの普及、「キャッチボール感覚のモータースポーツ」の普及に役立つか判らないけれど、ボランタリーな視点で積極的にネットワーク拡大を試みようと思っている。

現在は日本語が主体になっているけれど、目標は世界中のレンタルカート情報をウォッチ出来るようにすること。

英語コミュニケーションも学びながら、海外との交流も積極的に取り入れて行こうと思っている。

小学生や中学生といったキッズ・レーサー達にもモータースポーツと言う具体的事例の中で、グローバル視点の積極的な学習、活動を期待している。

そして、世界中のレンタルカートを一つのスタンダードにまとめて、世界一決定戦、世界選手権、ステップアップ向けスカラシップ設立、普及向けスカラシップ設立などにチャレンジしてみたいと思っている。

夢は大きく♪

レンタルカートはプロ・レーサーのように、与えられたマシンでベストを尽くすことが求められるモータースポーツ

マシンセッティングの勉強は容易に出来ないかもしれないが、その前にドライビング・スキルをとことん学ぶには最高の教材。

それ以上の魅力は、クルマなど運転したことが無い子供達や人たちに、純粋にホビーやスポーツとして「運転を知り、運転を楽しむ」機会を与えてくれる。

本当の意味での「キャッチボール感覚のモータースポーツ」を、今までの何倍もの人たちが手軽に低コストに満喫できるチャンスが実現できる可能性を秘めている。

1人のレンタルカート・ファンとしてはまだ不満点が一杯ある。

これらを一つずつでも解決していけたら、その可能性を「現実」に変えて行けると信じている。

もちろんこの夢を達成するのが私であったら最高に幸せなことだろうけど、この夢の達成支える1人のボランタリー・プレイヤーであっても充分だと思っている。

最終的に、達成された夢のレンタルカートで思う存分走れるようになれる事が、最大の夢だから♪




posted by papacchi at 20:45| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。