レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年06月02日

モータースポーツ&電動レーシングカート モータースポーツの新しいマーケット


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


メーカーも直せずに帰った「テレビ」の紫がかった映像に耐え切れず、とうとうテレビの購入手配を行った(笑。

勤務先の製品を社員販売で購入。

こういう時はまあ、勤務先のサービスが役に立つと感じる。

もちろん雇用を提供してもらえているだけでも有り難いと思わなければならないが。

ただ、購入したものの、在庫確認はこれからと言う不思議なシステムなので(笑、いつになるか判らない納品日を待って「購入できた」事を確認することになりそうだ。

ちょっと奮発したが、長寿命でいて欲しいと言う願いも込めている(笑。

ここ最近はレンタルカートを中心としたモータースポーツ・ビジネスを見据えた、ビジネスモデル構築の草案作り、種まきに終始している。

もちろん、これまで進めてきたモータースポーツ・ビジネス向け資金獲得を目指すWEBサービスの運用も並行している。

レンタルカートは一般的なレーシングカートに似たフレーム構造を用い、耐久性を高めた「硬い」パイプフレームと、安全性を高めたバンパー構造、そして排気ガスに配慮しつつ低騒音化も実現できる4ストロークエンジンを採用している。

タイヤには、吸水性を備えたレンタルカート専用のスリックタイヤを使用している。

速度も上限を設定していて、平地のレンタルカート場であればおおよそ60kモータースポーツ/hが最高速になっている。

現在主流になっているレンタルカートのフレームはイタリア・ビレル社のN35。

そしてこのフレームにたいして、数社のエンジンメーカー、数社のタイヤメーカーが部品を販売している。

よって、レンタルカート場それぞれに、これらエンジン、タイヤの組み合わせが異なっていて、もちろんフレームのセッティングも独自に味付けしている。

私が目論んでいるのは、これらの部品のうち、エンジンをモーター化すること。

簡単に言えば「電動(EV)レンタルカート」の実現だ。

構成もそれほど複雑ではない。

・エンジンをモーター(モーターシステム)に交換。

・ガソリンタンクとセル用バッテリーは不要となるが、モーター用バッテリーを新たに搭載。

・アクセルペダルが繋がる先はエンジンのキャブレターではなく、モーター制御用のコントローラに繋がった可変スイッチ。

・モーター制御用コントローラー

・一種のブレーカー

おおよそこの程度。

安全対策は感電、スパーク、バッテリーの異常破壊、コントローラーの誤動作に対する処置。

際立って難易度が高いものは無いと考えている。

これらを実現すると、従来のレンタルカートとは全く性格の異なるクルマになる。

ビギナー向けにワンタッチで切り替えることも可能だし、全開性能を発揮させるセッティングも可能。

同じ車両を電気的に操作するだけでも、大きく性格を変えてやることが可能になる。

そして、静かで(モーター駆動ノイズ、タイヤの音は出るが)、臭いと毒性排ガスが少なくなり(大量の排ガスが無くなる。ただしモーターも、微量なオゾンとNOxを発生する可能性はある。)という特徴的なクルマとなる。

これはビジネスにおいても有効に活用しなければならないポイントだ。

タイヤの音も減らせるスキッド系コースなら、屋根無しでも住宅地にサーキットを開設することも可能になってくる。

また、屋内コースをどんどん普及させることができるようになり、1年中フルに運営できるようになる。

スペースさえ用意できるのであれば、駅近でもサーキットを開設できるようになる。

ハードについては、この程度のシナリオがすぐ描けるようになる。

問題は、収益を満足できるマーケットなのか?という点に絞られる。

現在のレンタルカートは、ほとんどが遠隔地にある。

しかし、モータースポーツが好きでたまらない顧客はサーキットがどこにあろうと出向く。

ただ、そういう顧客はどれだけ居るのか?

電動(EV)レンタルカートを活かすためには、こういったモータースポーツが好きでたまらない顧客だけでは市場規模が小さすぎる。

今私が考えなければならないのは、このマーケットをどのように構築して規模の拡大を図るかということだ。

何度も言うように、サーキットは同時走行できる台数に限りがある。

たくさん顧客が訪れたとしても、サーキット走行で得られる収益は自ずと上限が決まる。

そこを打破しない限り、このマーケットは実現しない。

マーケット規模を増やしつつ、走行台数に制限があるそれぞれのサーキットで収益をさらに伸ばすビジネス構造。

これを今、必死で考えている♪




posted by papacchi at 20:48| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。