レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年05月23日

モータースポーツ&電動レーシングカート F1スペインGP直前に私を襲ったトラブルの嵐


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今週末はモータースポーツどころではない状況を過ごしていました。

F1スペインGP?

それどころじゃないですよ!

金曜、土曜と徹夜に近い生活で、平日の疲れも加わって日曜日は首が回らなくなってダウン。

ただ、少しでも前進したい気持ちが勝ち、モータースポーツ・ビジネス向け資金獲得を目指すWEBビジネスの山積み宿題事項を少しだけ減らしました。

まだまだ一杯残ってますけど(笑。

ここのところ我が家の生活にトラブル続発なのはお話しておりましたが、これでもかとさらに追い討ちがありました。

3つ。

まあ、絶対に困るか?と言うと、一つだけが絶対に困るトラブルでした。

金曜にメーカーさんがテレビの修理を再トライし、結局、完全復帰とはなりませんでした。

私が予め目星を付けていた部分にようやくメーカーさんも気付いて修理してくれたのですが、私も予想していなかった現象が残ってしまいました。

映像が映るところまではこの修理で復活したのですが、画面の色合いが崩れています。

メーカーさんもそこでお手上げ。

やむを得ず、その先は金曜の夜に私自身で調整にチャレンジ。

結論から言うと、ほんの僅かに変わったかなぁ・・・程度が限界でした。

いよいよ新しいTVへ交換することになりそうです。

まあまだ見れるので、どんな機種を選ぶか考える時間は手に入れられたと思います。

引き続きその夜、今度はDVDレコーダーのディスク出し入れ口の動作不良を修理。

機械的な劣化ですので、順を追っていけば何とかなります。

が、これがまたパズルのようでした。

開閉動作を行う機構が、一般的なCD/DVDドライブと随分違う。

機構部品の取り外し作業にとんでもなく時間を費やしてしまいました。

最終的にクリーニング程度のメンテナンスを施すだけで良いことが判り、部品交換などはせずに済みましたが、全部バラすまでの作業でヘトヘトに(笑。

ここまで済ませて、「さあ、土曜からはモータースポーツ・ビジネスに本腰入れるぞぉ!」と楽しみにしてから、ピヨピヨ鳴き出した鳥の声を聞きつつ眠りに着きました。

土曜日の昼頃に目を覚まし、食事をしていた時。

いきなり我が家のメインとなっている汎用パソコンの画面がブルーに!

その後、何度電源を投入しても「OSが見つかりません!」の一点張りの状態に陥りました。

このパソコンには我が家の重要な情報が凝縮されています。

バックアップをサボっていたツケが回ったのは認めますが・・・。

症状から見てHDDが死んだのは確実。

10万円以上かけて、専門業者にデータをサルベージして貰うしか無いと覚悟。

それほど重要なデータが詰まっているのです。

ただ、サルベージを頼んだからと言って全てが元に戻るかは判りません。

最近子供達がFLASHで組まれたゲームサイトを随分利用していたため、PCにかなり負担が掛かっているのは判っていました。

ファンがごうごう音を立てても、普通の人って気にしないんですね。

「ほどほどにしろ」と言い続けていた挙句のクラッシュです。

腹いせのように?私だけが食事も風呂も全て放棄して、リビングでごろ寝。

クラッシュしたPCを「どか!」っと、ど突いてみたりもしました。

さすがに家族も2階に退避。

そりゃそうだ。

正直、もう、どうにでもなれって感じです。

何で、ヘトヘトになりながらもようやく手に入れた私の週末時間を、いつもいつも平気で潰してくれるんだ・・・。

半日ほどして、少し冷静になり始めた頃に、とりあえず今やれそうなことは無いか?と気持ちを入れ替え始めました。

とりあえず、PC2台、正常なHDD1台を使い、もう1台のPCで情報収集しながら、色々と異常動作の様子を観察してみました。

WEBサービスも一時稼動停止したものもあるので、収益にも少なからず影響したでしょう。

異常動作の観察を繰り返しているうちに、どうもおかしな故障モードになっていることに気付きはじめました。

ここで初めて、死んだと最初から諦めていたHDDを、念のため別のPCに接続。

サルベージを依頼しようと思うHDDは、可能な限り使用しないでそのままにしておくのが鉄則です。

ソフト的にもハード的にも、異常のまま再起動するとダメージを増やしますから。

ですから、別のPCで読み込みを行うのはかなり勇気が必要でした。

とにかく一回だけ・・・のつもりで試してみると・・・「あれ?読める!」

エラーは「OSが見つかりません!」ではあったものの、Windowsのシステムが壊れたような可愛らしい現象ではないのは判っていました。

でも、HDDは正常に動作した!

このとき初めてPC本体の異常可能性に気付きました。

BIOSではDVD/CDドライブを認識しているものの、リカバリディスク等々の読み込みを行わないことがどうしても不思議でならなかったのがヒントでした。

まさか?

またもや金曜の夜同様に、今度はPCを全部バラバラに。

部品を一個ずつ追って行くと・・・。

ありました。

陰に隠れていたコンデンサがパンクしていました。

これによって、マザーボード上のSATA系が全滅していたのです。

しかし、10V耐圧のコンデンサではあるものの容量は大きい・・・。

このコンデンサが壊れたとなると、周囲のIC等々にもダメージが及んでいる可能性がある・・・。

とりあえずネットでこのマザーボードが手に入るか調べてみましたが、どこにも見当たりません。

最悪です・・・。

ただ、同一機種を購入すれば何とかなるかもしれないという期待感が出て来ました。

であれば、この壊れたマザーボードに手を加えても良いだろう。

運よくジャンクの山から同一のコンデンサを探し当て、部品交換も完了。

起動テストをしてみると・・・。

動きました!

正直、涙が出そうでしたね。

取り戻せないと諦めかけていた「時間をかけて収集、作成したデータ」達が全て戻って来てくれたのですから。

今後はバックアップ方法の再考と対策、高信頼性PCとのリプレースを急ぎ行う予定です。

またお金が掛かるなぁ。

それにしても、連続して電子回路系のトラブルが続いています。

今年に入って、マザーボード交換したPCも1台発生していますし。

多くの場合、電解コンデンサの寿命をトリガーにしています。

昔に比べて長寿命化しているとはいえ、今でも一番最初に破損する部品の筆頭です。

何とかならないものでしょうか。

最近、長く使い続けられる電気製品という視点で研究を進めていると言う噂も聞きます。

が、性能が時代に付いて行けない電気製品は部品寿命以前に陳腐化してしまいます。

このあたりが、実現性を遅延させている(研究を加速させられない)理由にもなっているかもしれません。

モータースポーツ・ビジネスでツールの一つとして考えている電動(EV)レーシングカートはハードウェアの変更を極力行わずに部品交換によって長く使用できるモノにしたいと思っています。

電化製品と違い、限界性能を引き出す必要がありますから、消耗品はなかなか減らせないでしょう。

ですが、プラットフォームが常に同じであれば(あるいは互換性が高ければ)、多くの部品を長く活用することも可能になってくるでしょうし、10年しまいこんでおいた電動(EV)レーシングカートを引っ張り出してきても、最新型の電動レーシングカートと対等に遊べるのは魅力でしょう。

いずれにしても、バックアップストレージ、交換用PC、テレビと、ここ数ヶ月で買い換えないといけないことが判りました。

一生懸命、稼がないとね♪

で、日曜は朝になって全てが片付き、それから横になって昼まで睡眠。

昼飯だ!と叩き起こされましたが、起きてからも疲労感が取れず、くたくたの週末となりました。

今週末は子供達の運動会。

また、休まらないなぁ・・・。




posted by papacchi at 21:57| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。