レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年05月07日

モータースポーツ&電動レーシングカート チームで行動すること


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


最近モータースポーツの話題よりは、心掛けの話題が多いかな(笑。

ここのところ、大勢で何かをしようと話し合ったり準備する機会が多い。

でも、ちょくちょく陥りがちな事があるので、自分に戒め。

「こうしたい・・・」そういう意思をもって、仲間との話し合いに臨むのだけど、気が付くと「おまかせ!」って自分の手から手放しがちな事がある。

で、体外は思惑と違うものに仕上がっちゃう。

それは当然で、関わっている人それぞれに自分がしたい「最終的な姿」があって、それがみな多かれ少なかれ違っている。

だから、自分が「こうしたい・・・」と思ったら、最後の結果が出るまで自分でやり通す必要がある。

自分としては興味が無いとか、他のメンバーのアイデアの方が良いと思えば、それは「おまかせ!」でも良い。

でも自分がしたいことは、やはり自分が思い描いた姿に仕上げたい。

そうであれば、最後まで自分で作りこんで、それを示すしかない。

出来上がった形を示せば、それが受け入れられるかどうかがハッキリする。

イメージだけを口頭やメモ書きで示したところで、関わる人たちそれぞれが違う感性で最終的な姿を想像しちゃうからね。

だから負担は大きいだろうけど、最後までやり切る意志の強さと執念はけっして失わないように努めないといけないと感じてる。

モータースポーツ・ビジネスを立ち上げると決めて、色んなチャレンジをしている。

そのときに、関わってくれる人が居るとしたら、その人の手を借りるのであって、その人に仕上げて貰うんでは無いということを肝に銘じておきたい。

自分なりに形を作ったうえでアドバイスを貰ったり、補強してもらうのであって、丸投げはダメ。

本業では良く丸投げするけどね(笑。

でも、自分がやりたいと思ってはじめたものなら、極端な話、全部自分で決めて自分の思い通りにしたいものね。

苦労するのは重々承知して始めるんだから、途中で甘えるような行動は厳禁。

もし丸投げしちゃったら、それはその人のものとして認め、逆にできることをどんどん支援したいと思う。

こんなことを今改めて整理しているっていうのも、まだまだ大人に成れてない証拠だなぁ(笑。




posted by papacchi at 21:16| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。