レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年05月05日

モータースポーツ&電動レーシングカート 出来ないことと、やりたくない事の違い


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


誰かと一緒に何かをしようとすると、「そりゃ無理だよ」といった意見を必ず聞く。

そういう時は本当にガッカリするものだ。

「だめそうな気はするけど、とにかくやってみようか(笑」を期待しているのだから。

が、私も随分と本業では「無理です。」を言っていた。

どういう時に「無理です。」を言うか?

単純な話で、「俺はそんなこと、したくは無いんだよ。」を主張するためだった。

一方、自分がやりたいと思ったことだったら、少なくともその挑戦権を与えられた時にはアイデアが無くても、「やってみましょう。」と応えた。

エンジニアの世界に限った話では無いと思うが、「誰かが成功してしまったら?」という恐怖感が「無理です!」というセリフをを言わせなくする。

ここで引いたら、自分の存在価値を自ら否定することになるからだ。

贅沢な話だと思う。

ただ、自分を試して見たいという気持ちは今でも無くならない様だ。

本業は、まあ、適当に・・・というずるさは益々増しているが、モータースポーツ・ビジネスなどに関わるアイデアは即実践!と力が入るし、誰かが「やれたらなぁ」と言おうものなら、何としてでも次回会うまでに試作品を作って提供してあげたくなる。

性格なのかもしれないし、もともとやりたくて仕方ないモータースポーツ・ビジネスだからなのかもしれない。

チーム内でも誰かが提案すると、極めて現実的な「枠」を早々に決めて、それを着実に実現しようという意見が出てくる。

それはそれで正しいと思う。

ただ、せっかくの趣味でもあり(私にとってはビジネスのヒントだけど)、ましてや自分の記録、他人の記録を破ってやろうと虎視眈々に狙うモータースポーツに関わっているのだ。

もっと挑戦的に、そして、失敗を恐れずに取り組んでみたい気持ちのほうが強い。

まあ、走ることに専念したいと思うからこそ、それ以外のアイデアや提案を煩わしく感じる気持ちも判るし、余計なことをして、逆に他のメンバーに迷惑をかけてはいけないと言う責任感から否定的になりがちなのも理解できる。

だから、ビジネスを見据えて取り組んでいる人間(私を含めて)だけが、責任を持って新しい取組みを実践して結果を出し、全てを引き受けるようにしなければ・・・と肝に銘じている。

もともと純粋にモータースポーツを楽しもうと集まったチーム。

その和を乱してはいけない。

その点だけは特に慎重に配慮して、メンバーには絶対に負担をかけない取組みを進めたいと思う。




posted by papacchi at 22:05| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。