レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年04月21日

モータースポーツ&電動レーシングカート 実戦に備えて


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


F1中国GPを「録画」で見ました(笑。

学生の頃は、「会社を休んででもモータースポーツのTV放映を見るぞ!」と思っていたものですが、やはり食べて行くにはそうも言っていられません♪

ともあれ、ここ2年続いたレースそのものの面白さが、今年もどうやら続きそうです。

motoGP並みまでにはまだまだ遠いですし、1970〜1980年代のF1の無茶苦茶な面白さとはまた趣が異なりますが、充実したレースを堪能させてもらっています。

「LOTUS」のロゴがF1にデカデカと復活しているのも個人的には嬉しいかな。

さて。

モータースポーツが持つ危険性や社会に与える影響を考えると、「身近に」モータースポーツ環境を持ってくるのは正直ハードルが高いことは理解しています。

特にここ数十年で、日本が社会契約性に急速に目覚めたことで、近所の空き地を子供達が占有することすら困難になっているわけですし。

でも、どこかで大きく羽目を外して「やってしまう」必要もあると思っています。

既成事実を無理やり作ってしまうことになり、反社会性を問われかねないことも認めます。

が、やはり現物、現実、を作り上げ、現場を感じてもらわないと、文字や絵、映像では本当に理解してもらうことは無理でしょう。

一回実行して、いきなり「ダメ」を貰って潰されるかもしれません。

が、「ダメ」を肌で知れば、次の手も考えられる。

「ダメかもなぁ、無理かもなぁ・・・」と思っていても、実は別のことを問題視されて潰されることだってあり得ると思います。

それなら、その真実を目の当たりにしたほうが早いですよね。

まあ、資金的な面でおいそれと実行に移せないことも事実なんですが、何か思いついたらとにかく取り組んでみるの心積もりで進めて行きたいと思っています。

ゴールデンウィークも目の前ですし、この機会を利用して2〜3のプランを実行計画にブレークダウンしてみようと考えています。

参加させて貰っているモータースポーツ・チームとは別のフィールドで、チャレンジしてみたいと目論んでいます。

まずはあまり風呂敷を広げずに、小さなモータースポーツ・ビジネス・モデルから取り組んでみることにします。




posted by papacchi at 21:35| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。