レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年04月17日

モータースポーツ&電動レーシングカート 最終コーナー


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


気が付くと、我が家には汎用パソコンとして3台、演算用パソコンとして3台、サーバー機として3台の、合計9台のパソコン&ブレードサーバーがある。

現在進めている、モータースポーツ・ビジネス資金獲得のためのWEBシステム開発では、そのうち作業用PC1台とサーバー2台を使用している。

2年ほどかかったが、今ではWEBビジネスで獲得した資金を元に購入した計算機が9台中7台を占めるに至った。

自腹をはたいて購入したPC2台はもはや最古参のマシンとなり、軽い連続演算用と実験用サーバー程度の役割しか果たしていないけど。

ふと思い出すと、PCと初めて出会ったのは高校1年のときだった。

デパートに実演展示していた、3台の8ビットCPU「Z80」を搭載したシャープ製MZ-80K2Eだったと思う。

日本の北端にある田舎のデパートの片隅に、誰にも触れられずに展示されていた当時のパソコンは、よほどの物好きでなければ見向きもしなかった。

で、時間だけはタップリ持っていた私と私の友人は、それぞれカセットテープ一つを用意して、週末になると弁当持参でデパートの開店から閉店まで、2台の展示パソコンの前に座り続けていた。

モータースポーツへの憧れは依然強かった時期だけれど、パソコンの可能性・・・というよりもパソコンそのものの目新しさに強く惹かれた。

モータースポーツとパソコンは当時からの「趣味」として今も続いているものの数少ない例だろう。

もちろんどちらも中断時期はあった。

が、PCは時代の流れとともに、望むと望まずとに関わらず、私の身の回りに再び現れた。

大学1年でNEC製のPC−8801SRを手に入れたあと、大学の研究室ではPC−9801シリーズ、そして、当時珍しかったワークステーション(SUN、SONY製NEWS)までが目の前に並び、流体計算のプログラミングにも随分と時間をかけた。

成果としては散々なものだったが、プログラミングの奥深さと直ぐに作って直ぐに結果が見れる「せっかち」な動作が、モータースポーツのようなスピード感を髣髴させたのか、私の性に合っていた。

大学院卒業を控えた最終年度には「NASAか大学院に残るか、航技研へ行くか?」という選択肢が目の前に与えられ、「流体とプログラミングに興味があるなら数値シミュレーションの研究を続ければ良い。」と指導教官から後押しを受けていた。

その後、現在の本業に先に就職していた先輩から推薦を受けて「プログラマー」として、研究所への就職が決まった。

が・・・。

プログラマーとして専門教育を受けているメンバーが多く居たこと、そして「機械エンジニア」が不足していたことが災いし、いきなり「全くやったことの無い」機構発案と機械制御システム開発、そして「ミクロン」の世界へと放り出された。

正直、「計られた・・・」と思った。

が、「3年で辞めてモータースポーツの世界へ行く。」と入社前から決意していた私は、「適当にお茶を濁しておこう・・・」的な仕事の進め方で今に至ってしまった(笑。

本業の世界で私の「途方も無い発想」を認めてくれたのは4人しかいない。

畑違いなところから飛び込んだ私の話を素直に聞き入ってくれる人間すらいなかった。

最初に提案しても、数日後別の人間が「こうしたら・・・」と、さも初めて提案するかのように会議に持ち出し、周囲も初めて聞いたといった顔でそれを採用する。

もちろん、私にその仕事が回ってくることは無い。

今の職場もますます畑違い。

そもそも、人に指図されて自分の決定を覆さなければならないことが大嫌いな私。

サラリーマンに向いているはずも無い。

ビジネスそのものにも向いていないかもね。

最初の頃は、随分ぶつかった。

今の所属では逆に衝突を避けているけど。

ただ、自由に出来る時間を随分と手に入れることが出来た。

ここ数年、再びパソコンとモータースポーツを活かして、20年前の自分を取り戻そうとしている。

そして、当時チャレンジしなかったことを、少しずるい大人になった自分を活用して、あらためてチャレンジしてみようと思っている。

縁も機会も巡るものなのかもしれない。

再び出会った「機会」を、今回は活かし切れるだろうか?

それは判らないけれど、今回はぶっ倒れるまでやり切ってやろうと決意している。

きっとこれが最後かもしれないからね♪




posted by papacchi at 19:00| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。