レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年04月10日

モータースポーツ&電動レーシングカート 北海道をモータースポーツ王国にしたい


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ



本サイトのもうひとつの狙いは「北海道をモータースポーツ王国にしたい」です。

ただ、サイト開設当時、この話題については何回か触れたことがありましたが、それきりになっていました。

そもそもモータースポーツ・ビジネスの立ち上げそのものに、まだまだ私の手が届いていませんから♪

ただ、昨年12月に参加したレンタルカートの日本一決定戦で、北海道から参加したチームが安定して上位に食い込んでいるのを見て、凄い!嬉しい!でも悔しい!が気持ちの中で駆け回っていました♪

チーム構成やメンバーの内情など全く知りませんが、ただ、道産子の私にとって、北海道のチームが日本全国のトップを争っているという状況は、あって当然と思う一方で、びっくりな出来事でもありました。

そもそもレンタルカート人口がどの程度の規模なのか?

正直なところ、関東圏、関西圏、等々から比べれば、小さなものだと想像しています。

実態はそうではないかも知れません。

あくまで推測です。

ただ、そうだとすると、モータースポーツの適正を備えたポテンシャルの高いドライバーの人口密度が極めて高いとも言えるかも知れません。

というか、私はそうだと信じています。

夏、雨、雪の極端にコンディションが異なる気候を毎年経験し、しかも日常生活でもクルマを使う頻度の高い北海道という土壌。

北欧と比較するのが正しいかは判断しかねますが、ドライビング・スキルを高めやすい環境であることは確かだと思います。

ただ、モータースポーツと接する機会に恵まれていない、とくにトップクラスや、入れ替わりの早い急成長ドライバーの多いクラスとの接点が少ない事は否めません。

この接点を増やしたい。

それが私の狙いです。

とんでもないドライバーをどんどん輩出するポテンシャルを備えていると思います。

北海道そのものが過去から今にかけて、経済的に後塵を拝しているのも、モータースポーツへの参加機会を減らしている要因の一つだとも思っています。

その中でレンタルカートの普及は大きなターニングポイントになると思っています。

個人的には、北海道中にレンタルカート場のネットワークを構築し(可能なら系列レンタルカート場の普及を進めたいですが)、その中で転戦や武者修行できる「手ぶら参加」モータースポーツを実現したいと思っています。

僕は2歳でスキーを始めました。

2歳でレンタルカートを始められる環境を作りたいと思います。

レンタルカートは自分で用意する道具をスキーよりも大きく減らすことが出来ます。

あとはコスト。

スキー場はリフト前に行列を作ってもゲレンデは自由に滑れます。

だから、レンタルカート1回分の費用があれば、一日タップリ楽しめる。

でも、レンタルカートはコースにキャパシティ限度(同時に走らせられる台数の制限)があります。

ただ、北海道はまだまだ広い。

一つのサーキットにコースを5個や10個も設営したって良いじゃないですか。

北海道にしか出来ない芸当です。

電動化出来れば、子供たちが自転車で通えるような場所にサーキットを作る事だって可能でしょう。

土地代は北海道に負担して貰えると良い。

今はどうか判りませんが、僕が北海道に住んでいた頃はテニスコートは2時間で100円、市営球場は空いてりゃ勝手に使ってました(笑。

メンテナンスに行政の予算が追いつかず、路面が荒れて行くとしてもある程度は目をつむる。

ラフな路面に適応出来れば、益々スキルが高くなる。

また、年に何度かは公道を時間閉鎖して、子供から大人までのクラスでレース祭りをやる。

クラスの友達がレースで走る姿なんて、ぞくっとする気分かもしれません♪

まだまだ語りたいイメージは一杯あります。

ずうっとサボってきたのも反省しながら、「北海道モータースポーツ王国化計画」への記述についても折に触れ復活して行きたいと思います。




posted by papacchi at 18:30| Comment(0) | 7.レーシングフロント北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。