レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年04月05日

モータースポーツ&電動レーシングカート ガソリンの高騰


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今回の震災前から気になっていたのですが、横浜界隈ではガソリンの値段が着実に上昇を続けています。

もちろん日本全国、同様の傾向にあるんですが。

我が家のE90用のハイオクは160円前後、レギュラーで150円前後。

調べていませんでしたが、モータースポーツ関連、とくにレンタルカートの代金にも反映していたりするんでしょうか?

大まかな背景に、中東・北アフリカの中東情勢の不安定化で原油価格が上昇して、為替も円安に推移していることも相まって、原油調達コストが上昇している・・・という事情があるようです。

震災が発生したため混乱を避けるため、現在は「据え置き」された状態なだけだそうで、もう少し落ち着いてくると再びガソリン高騰が始まる気配。

電気自動車(EV)の電気代を考えると、ガソリンよりは大きくコストメリットがあるように感じますが、もともと電気代だって多くは原油コストに支配されています。

ユーザーのお財布には直接響き難い・・・と考えそうになりますが、仮に私が電気自動車(EV)に乗っていたとして、ガソリンエンジン車と同じような距離を走ろうとすれば、充電回数もどんどん増えていくでしょうし、「それなりの」電気代を要することになるでしょう。

いずれにしても、モータースポーツ業界にとっては大きな影響を与えます。

為替相場もそうですが、一気に力関係がシフトしました。

1ドル100円を切っていた頃でもとんでもない円高だと感じていたのが、今や70円台を軽く望むところまで高騰しています。

じわじわ・・・とではなく、一気に入れ替わった感があります。

これと同じ現象がガソリン代にも現れ始めた。

130円台だったハイオクが140円台に上がった・・・と思った途端、一気に160円台です。

途中が無くなっている。

短い時間単位では確かにじわじわ上がっていましたが、この半年くらいの変化は大きな「シフト」と捉えざるを得ませんね・・・。

待てば安くなるかな・・・?と1ヶ月ほど粘ってみたのですが、諦め時のようです(笑。

モータースポーツどころか、クルマ離れが叫ばれる中、ますますクルマ・ユーザーが減る悪循環に陥りつつある気がします。

エネルギーの根幹を見直すにしても、化石燃料と電力との関係が双子の関係を続けている以上は、今後も容易に避けられない事態です。

答えが無いだけに、悩ましいことです。




posted by papacchi at 21:03| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。