レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年04月02日

モータースポーツ&電動レーシングカート スピードを追求する理由


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


三菱自動車から商用EVがリリースされ、いよいよ2011年4月1日から予約販売がスタートしました。

同一車種で2種類のモード(走行距離100km、150km)がラインナップされています。

ハイブリッド車ではトヨタが既得権益を占めている感がありますが、EVでは当面三菱自動車がリードする形を目指すことになりそうです。

トラブルなどのリスクを覚悟しても、経験値を先んじて高めていく姿勢は、個人的には評価したいと思っています。

モータースポーツの世界では、これらを手に入れて、EVレーシングカーへ移植するような試みもいずれ出て来るのかもしれません。

エンジンと違い、モーターに関しては移植しやすい・・・と思うところではありますが、その先に繋がっているバッテリーシステムそのものがEVの肝。

移植を考える場合には、想像以上の危険性を伴うでしょう。

が、やはり三菱自動車と同様に、先んじて経験値を積むチャレンジャーがきっと出てくるはずです。

なにせモータースポーツに関わる人たちですからね♪

EV向けのモータースポーツ・新カテゴリーも議論され、レギュレーションも整備が進められています。

日本の、否、世界のモータースポーツ草創期同様に、想像もつかないアイデアと努力で新しい道を切り開いていくと思います。

本音から言えば、そういうリスクを議論する前に、EVレーシングカート(電動レーシングカート)の本格的なモータースポーツ・イベント実現と闊達なチャレンジを実現したいですね。

基礎の基礎となるような部分に特化して、EVとモータースポーツとの融和を育むのには最適なツールだと思っています。

そして、モータースポーツの文化的側面においても、従来よりもはるかに身近な環境で日常に浸透する機会を生み出せると思っています。

最終的にどのような姿に進化して行くのかは判りませんが、「キャッチボール感覚のモータースポーツ」を生み出す機会にもなると思っています。

ただ、この時には日本の技術よりも、中国、台湾、韓国といったアジア圏の若い勢力が持つ技術がモータースポーツをリードして行くような気がしています。

もちろん、欧米も今までどおりマーケット・リーダーとして機能していくでしょう。

日本だけが徐々に遅れをとる・・・。

極めて可能性が高いと感じています。

クルマやバイクを使わない国は、まず無いといって過言ではありません。

世界の文化に浸透しています。

そこで自然と派生するモータースポーツ

この世界から一歩ずつ後れはじめている日本は、その遅れの距離を指数関数的に増やさない新しい種を植え続けて行かなければならないと思います。

それを、日本のモータースポーツに関わるチャレンジャーたちが強く担ってくれると期待しています。

そして、そのほんの僅かな一端でも、私自身がアシストできたらと決意を新たにしています。

大義名分ではなく、やりたいから実現する。

きっかけはシンプルなままで良いと思います。




posted by papacchi at 20:38| Comment(0) | 5.EV(電気自動車)のこれから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。