レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年03月27日

モータースポーツ&電動レーシングカート エスケープ・ゾーン


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


僕はヘルメットを被ると、自分にハッパをかけて大声で叫んでいることが多い(笑。

F1など、モータースポーツでお馴染みの無線付きヘルメットなんかだったら、かなり格好の悪いドライビングをしていることがバレると思う。

ところで最近、自分の声が小さい気がしている。

体調が悪いわけではない(笑。

自信を持って発言していない。

本業の時間帯では明らかに「極力発言しない」ようにしているのが自分でも判る。

干渉して欲しくない気持ちもあるし、相手の顔色を伺って「当たり障りなく過ごす」事ばかり考えているようでもある。

同様に、本業以外の「他人」に対しても、あまり「話しかけたい」気分にならない。

黙々と自分ひとりで仕上げられる物に没頭したい気持ちが強い。

そういう意味では、モータースポーツ・ビジネス向け資金獲得を目指すWEBサービス開発は、今の自分にとっては一つの逃げ道になっている。

が、このサービス開発作業も空き時間の中で簡単に作れる物でもない。

完成してしまえば簡単に思えるようになるかもしれないが、今は本当に実現できるのかが予想も出来ない状況だから、この「独り仕事」からも逃げ出したくなるときがある。

ちょうど、どれもこれも、自分には結果が予測できない状況にあって、それが故に「自信」につながる気力を搾り出せなくなっているのかもしれない。

自分を信じて、まっすぐ駆け抜ける。

それが出来ている時はモータースポーツでもそうだけれど、何があってもスムーズに対処できるもの。

このコーナーはどう処理したら速く走れるのだろう?

そう悩んでいるときはリズムを失っていて、次々と生じる事象に追いつけずに大失態をやらかす。

逃げ出したい気持ちに打ち勝つなんて、そう簡単にはできるものではない。

でも、逃げてもそのあと良いことが起きるわけでもない。

「体勢を立て直す」ことを目的にした上で逃げたいと思う。

一旦引いて、攻めなおす。

ポジティブな「逃げ」だ。

ただ、気持ちが「胸を張っていない」今は、逃げてしまうと全て放り投げる逃げ方になりそう。

消極的な状況にあることが既に「逃げ」の状態に入っている。

ならば、ここで「体勢を立て直す」ために準備を整えなければいけない。

気持ちの整理も大切。

すべきことのプラン整理も大切。

自分が全力を尽くす目標をもう一度見据えなおすことも大切。

本業で「声を出さない」ことが目的達成のために役立つのなら、自信を持ってそうすべきだし、今までもそうしてきた。

同じ「声を出さない」にしても、自分の中で整理がついているか、混沌としているかで、自分に対する納得のさせ方が異なってくる。

必要のために逃げよう。

ただ単に一時の感情で逃げずに。

もちろん直感を信じて逃げたとしても、やむを得ず今回のように逃げの状態に陥っても、再起を信じられるようにどこかで深く深呼吸をしてやろうじゃないか。

2度、3度と深呼吸を繰り返し、「上手く逃げおおせてラッキーじゃないか♪」と気持ちを整理して、次のタイミングを見計らおう。

それまでは「無能」で居たって良い。

パニックを引きずるのが一番危険だから。




posted by papacchi at 19:18| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。