レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年03月18日

モータースポーツ&電動レーシングカート 生きる力(アスリートとして、ビジネス・パーソンとして)


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


昨日は計画停電のため、定刻より早く本業から帰宅。

自宅は計画停電を免れたため、早々からモータースポーツ・ビジネスの資金調達向けWEBサービスの試作を始めた・・・のだけれど、光ファイバ回線がダウン。

今回の地震前から、使用している光ファイバ回線が基地局で不安定になっていたのだが、今回は計画停電の煽りも受けたのだと思う。

夜10時近くまで実作業は一切停止。

なかなか思うように進められないのが歯痒いが、この時節にはいたしかたない。

今後の計画を整理しながら、3連休となる今週末に向けて準備だけは進めた。

地震直後の先週末から、横浜界隈でもガソリン、食糧不足が顕著になっている。

我が家ではある程度のストックがあったので、多少の買い足し程度で乗り切れそう・・・と考えていたのだが、物流以外の諸々の事情が重なり、もうしばらくこの「不足」事態が続きそう。

知り合いからは、東北、関東のみならず、関西エリアでも「不足」事態が少しずつ波及しつつあると連絡があった。

横浜よりはまだ余裕があるようだが、何かしらの状況変化が無いと、日本全土で「不足」事態が強まりそうな危惧もある。

得意の通販在庫も大まかに調べてみたけれど、こちらも早い者勝ちになり始めている気がする。

様々な側面で、今を乗り切るための「課題発見力」と「課題解決力」が実際のスキルとして求められていると実感している。

少しばかり「生きる力」が試されているのかもしれない。

昔からモータースポーツはアスリートとしてのスキルアップは当然ながら、社会人、特にビジネスパーソンとしてのスキルを高められる点でもチャレンジし甲斐のあるスポーツだと言われている。

多くのスポーツは、ある程度の予算である程度の仲間の中で楽しむことが出来る。

が、モータースポーツはアマチュアレベルであっても高額の資金が求められる。

これは子供、大人の区別無しだ。

自分がしたいことをするためには、親以外の「大人」の支援を必要とすることもある。

人とお金の問題を解決する能力が求められるということだ。

もちろんそのためにはアスリートとしてのスキルが背景にあった上で、人間性と、ビジネス力とが求められるという意味だけれど。

これからは大きな組織で生きることが絶対的な価値を持たなくなると信じている。

複雑なシステムを生み出すためには大きな組織が欠かせないという発想よりも、小さな組織が有機的に大きなパートナーシップを組んで進めるという発想に近くなるのではと考えている。

個々人の能力が、「稼ぎ、生きる」能力が今以上に強く求められるようになると思っている。

もちろん、そうならないかもしれない。

でも、個々人が「稼ぎ、生きる」術を今以上に高いレベルで身に付ければ、より安定感のある社会になることは容易に予想できる。

いま日本を包み込もうとしている状況は、「誰のせいだ?」、「あいつがこうしてくれなかったから上手く行かない・・・」という甘えを否定し、自ら新しい問題を解決して「生きる力」を育むきっかけになるかもしれないなと感じている。

それがほんの僅かなレベルアップに留まったとしても、前進することは結構なことだと思う。

私も負けじと「生きる力」をレベルアップする努力を続けようと思う。




posted by papacchi at 21:00| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。