レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年01月28日

モータースポーツ&電動レーシングカート スピード感

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


モータースポーツの多くは「スピード」が肝になってます。

極めて単純に、同じ距離を誰が一番早く通過するか?

それが目的であり、目標になってます。

結果も明白にしやすいですし、そういうシンプルさが私の性分に合っています。

最近、モータースポーツ・起業を目指して毎日活動を続けてますが、自ら決めて自ら動ける「仕事」もスピード感があって楽しいです。

全て自分でしなければならないのはタフですが、それも私の希望なので変え難い楽しさになっていると思います。

ずうっと以前から、本業ではスピード感を満たせずにイライラを募らせてきました。

急いでいるのかな?と思ったのに、質を求めはじめてスケジュールがなし崩しにされたり、その逆もあります。

関わる多くの人間の本音が見えない・・・というよりも、彼ら全員が最終的なゴールを設定せずに「とりあえず始める」スタイルで話を持ってくるし。

最近は事務手続きの整合性に随分と神経を使っていて、「スピード感のある仕事を!」というスローガンに対してどんどん「ブレーキ」を掛ける仕組みが膨らんでいます。

法的な問題等も関わってくるので、きっちり進めるのは当然ですけど、過剰反応し過ぎのあまり?「お前が全部きっちり仕上げないからこっちは待ってた。」というような反応ばかりが返って来るようになってしまいました。

全員が相手の領分まで踏み込んで「100km/hのスピードを200km/hのスピードまで高めよう!」という意識がどんどん欠如している・・・って言うんですかね。

「きっちり」と「スピード」を両立させようっていう目標を認めたくない・・・かのような対応が目立つんです。

はっきり言えば、「待ってんじゃねーよ!」です(笑。

ここ最近は来週末のモータースポーツ(レース)イベントに向けて、夜中にUさんと仕組みづくりのメールをやり取りしながら実作業を進めています。

お互い、殆どマイペースで、レース同様に「相手のスピードに負けたくない!」かのような進め方で、どんどん自分がやれることを進めちゃいます。

とにかく作ってみて、お互いに確認。

話し合ってから作るとか、「待ち」の時間を設けないような意識が働いています。

おかげで寝不足にもなりますが(笑、出来上がっていくスピードの速いこと、速いこと。

僕自身はまだまだ速くして行けると思っていますけど、「他人事」では無い目標があれば、皆どんどんやりたい様に進めて行くと思うんですよね。

モータースポーツに関わるお仕事をしようと思っているのですから、スピード感の欠如は信頼を失うリスクにも成りかねないと思ってます。

今はその準備期間ですけど、既にプロ意識で取り組んでます。

そもそも今のご時勢、のんびりやってる余裕なんて無いと思います。

大企業病とか言ってる場合じゃないですけど、本業の「ノロさ」には不安を感じますねぇ。

その当事者でありながら、どうにもできない自分にも問題はありますけど。

一緒の仕事をしてるんだから、こっちが歩み寄って行った時に逃げてく様な態度はどうにかして欲しいよなぁ(笑。

早くモータースポーツ・ビジネスを立ち上げて、自分のポテンシャルをフルに発揮したいです。

本業はある意味レベルも低くて、張合いがありません。

遣り甲斐感じなくなっちゃうよ・・・。




posted by papacchi at 21:36| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。