レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年01月19日

モータースポーツ&電動レーシングカート 献身的(ボランタリー)な取り組み意識


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


本業をしていて感じなかったこと・・・、というよりも、学生の頃に常に感じていたことを、最近のモータースポーツ・ビジネス関連の作業の中でずうっと感じている。

何かを完成まで仕上げようとしている時。

その時に、「この程度出来てりゃいいだろ・・・」と感じるのが本業。

で、最近モータースポーツ・ビジネス関連の作業中に感じるのが「まだここが良くなる。もっとこうしてあげたい・・・。」という意識。

かつて学生の頃の行為や、そして今でも『自分のため』にする行為は、常に「もっと良くなる、もっとこう改良しちゃおう!」という意識が根底にあった。

そして、モータースポーツ・ビジネス関連の作業も全く同じ意識で取り組んでいる。

時間が許す限り、常に改良したくなる。

そして聞いた人の意見を素直に聞くことが出来る。

もちろん自分の意思にも一本柱が通っていて、聞いた人の意見を自信を持って取捨選択できる。

それが本業はそうではない。

今まで殆ど「もっと良くなる・・・」という意識で取り組んだことが無い。

「こんなもんだろ。」

何をしても、受け取った側が「無反応」なのが本業での一般的な雰囲気。

そもそも、関わっている他のメンバーが、「他人のやっていること」には興味を持たない。

1つの物を作ろうと集まっているメンバーの意識が、まったく1点に集中しない。

自分のやっていることだけさっさと終わらせられれば良い。

そんな雰囲気の中で本業を進めてきた。

当然、私自身もそんな雰囲気で「もっと良くなる・・・」と主張しても「空振り」になるのは重々承知(痛いほど経験してきた)。

だから、冷めた取り組みしかしなくなってしまった。

今取り組んでいる「自分が望む」モータースポーツ起業プロセスは、全て自分に責任が降りかかってくるだろうけど、「もっと良くなる・・・」と全力で取り組みたくなる条件が整っている。

多くの人とかかわりを持ち始めれば、当然、冷めた反応を示す人が増える。

でも、興味を持ってくれる人も増える。

本業では長い年月の間、常に限られた人数の中でしか活動する機会は無かった。

結果を出してから評価されるのではなく、結果を出す前に「説得する」必要があった。

しかし、今私がモータースポーツ起業活動で取り組んでいる殆どは「とにかく結果」を出してから、それを肌で体験してもらって判断してもらうことが出来る。

失敗すれば、当然見向きもされない。

が、架空の話で「説得」ばかりに時間を費やすよりもよっぽど建設的。

とにかく面白い。

思い付いたら好きにやって、現実の反応を得ることが出来る。

こんな面白いこと、起業に結び付けられなければ本当に大きな損失だろうな。

なんとしても実現したい!

モータースポーツ・ビジネス。




posted by papacchi at 20:01| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。