レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年01月17日

モータースポーツ&電動レーシングカート 補足?2010大磯ロングビーチ Birelレンタルカート日本一決定戦の動画


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今頃なんですが(笑。

すっかり忘れてました。

モータースポーツ関連のファイル整理をしていたら、見つけて思い出したので遅まきながらアップしておきます。

昨年の12月に神奈川県大磯ロングビーチで行われた、Birelの日本一決定戦で撮影した動画です。




2日間で開催されたレースでしたが、この動画は1日目に行われた公式練習の1組目の映像。

目立って速かったドライバーがいたので、参考にしようと撮影しました。

でも、その日の夜はデジスパイスのデータばかり見ていて、この動画の存在はそれきり忘れてました(笑。

レース中の映像ではないですが、雰囲気は掴んで頂けるんじゃないかな。

かなり本格的なコースが立った2日のイベントのためだけに仮設で作られたんです。

誰もが初めて走るコース。

そこで、いきなりこんな元気に走るエントラントたち。

やはり全国の猛者たちの走りは良い刺激になりますね♪

僕もここで走ったんだよなぁ。

また走りたいなぁ。

楽しかったなぁ。

もっと速くなりたいなぁ。

見てたら、ビジネスとしてのモータースポーツではなくて、自分のためのモータースポーツに夢中になりそう(笑。

映像を見てもらって判ると思いますけど、かなり安全なスピードでしょ?

どんなに頑張ったって70km/hまで出ないからねぇ。

デジスパイスのデータを見ても、60km/hちょい越えくらいでリミットされてるみたいです。

コースも樹脂のフェンスやパイロンだけで、ぶつかってもほとんど平気。

マシン(レンタルカート)にはダメージはあるかもしれないけど。

まあレベルの高い人たちが集まってるから、簡単に走っているように見えちゃうっていうところもあると思いますがね。

こんな安全スピードでも、レースともなればエキサイティングです。

Birelが一生懸命同じ性能にそろえたマシン(レンタルカート)に全員が搭乗し、腕の差(体重差もあるけど)だけを競う。

これを電動レーシングカートで、駅近やショッピングモールなどの駐車場等を利用してやりたいんです。

傍で見てもらえれば、「好きな人」はやってみたくなると思います。

そして、興味の無かった人にも興味を持って貰えるように育て上げて行きたい。

自動車文化の一翼を担う日本が、モータースポーツではまだまだ立ち遅れています。

子供たちからお年寄りまで、純粋なスポーツとして認知して貰える風土を作って行きたい。

私一人ではBirelのようにいきなり大きなことは出来ないけれど、少しずつこれからも足場固めとPR、そして実現に向けた諸活動を続けて行きます。

ぜひ我も!と思って頂ける方にも参加して欲しいと思っています。

お気軽にお声かけくださいね♪




posted by papacchi at 22:19| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。