レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2011年01月07日

モータースポーツ&電動レーシングカート サーバー・システム事業としてのジョブ


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


最近、携帯電話の機能を色々と試しています。

モータースポーツ・ビジネスの準備段階ということでいよいよ手に入れた、件の携帯電話です(笑。

実はこれまでも、携帯向けWEBサービスを構築する試みはしてきました。

が、一般的なWEBサイトからの誘導を主体としていたので、全くアクセスを得ることは出来ませんでした。

実際に携帯電話ユーザーとなって使用してみると、最近流行のスマートフォンの場合はどうかは判らないけれど、少なくとも一般の携帯電話では、普通のウェブサイトの使い勝手は快適とはいえないようです。

自分で作ったサイトは明らかに携帯電話向きではないこともハッキリしました。

レンタルカートの日本一決定戦の折に、メンバー数名が簡易的に携帯電話でストップウォッチを使用していたのを思い出しました。

私の携帯電話にはストップウォッチ機能は付いていないのですが、iアプリとしては巷で数多く配布されていることを知りました。

幾つか試用してみた中で2つほど使い勝手の良いストップウォッチを入手しましたが、そのうち1つはフラッシュを使用したアプリでした。

手に入れたフラッシュはサイト上に設置してあり、そのサイトへアクセスする都度スクリプトを読み込んで使用出来るようになっています。

携帯電話の記憶容量を食わない点でメリットがあることも確かですが、サイト側へ自然に誘導できる点も面白いと思いました。

お試しで私のサーバーにも設置してみましたが、まるで携帯電話に内蔵されているかのように軽快に動作します。

携帯電話とウェブサイトの親和性を高める目的で、こういう発想に至ったことは今までありませんでした。

モータースポーツ向けサイト(狙うはポータル)を構築する上でも、こういったアプリケーションを集約したサイト作りは面白いかもしれないと感じています。

もちろん、アプリケーション開発に掛かる労力は大きいでしょうから、それなりの戦略は必要だと思います。

ただ、これまで漠然と「携帯電話向け」と宣言していただけのサイトよりは、より有益なサービスを提供できるようになると思います。

そうなると、モータースポーツ専用に留まらず、様々な展開も可能になってくるでしょう。

いずれにしても安易に手を広げるリソースはありませんから、本当に役に立つ、シンプルで軽快なサイト・リリースを狙ってみたいと思います。

昨年は外枠を作るだけに留まった感が否めない専用サーバーシステムですが、今年は実運用を強力に推し進めて行きます。

もちろんアフィリエイト・ビジネスとも連動した収益の仕組みもきっちり組み込んで行きたいと思います。




posted by papacchi at 20:10| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。