レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年11月25日

モータースポーツ&電動レーシングカート 夢を具現化する1つの方法


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


最近、小説の話題が続きましたが、もともと文章を書くのは大の苦手です。

言いたい事を伝えようとした時、話をしても、文章にしても、なかなか上手くまとめられません。

ただここ数年、急に小説を書き始めたのは、自分の「夢」を具現化できずに悶々としているよりは、想像でも良いから何らかの形で実際に形にしたいと思ったからです。

これまで書いた小説の中では、以前から自分がこうなりたいと思った姿を主人公に代理で実現してもらっています。

もともと小さいころから、将来こうしたいな…というイメージを絵や模型にするのが好きでした。

特に絵は毎日大量に描いていました。

やはりモータースポーツに関する絵が多かったですね。

それと可愛い女の子を描くのも好きでした(笑。

小学校中学年くらいから描き始め、大学院を終了するまでその習慣はずうっと続いていました。

それが、今の会社に入ったその日から全く描かなくなりました。

1つには、会社の寮が2人部屋で、一人きりの空想の時間を持てなくなったことにあります。

これにはさすがに堪えました。

ただ、そういう日が続き、次第に仕事も忙しくなってくると、空想に比べて現実があまりに重すぎて、いまさら夢なんて…という気持ちに変わって行きました。

今考えると、錯覚だったと思います。

が、当時はそれほど余裕が無かった。

今回小説が電子出版化されるにあたって「自分で書いた挿絵などありますか?」と問い合わせがありました。

さすがにそこまで時間を割くつもりはありませんでしたから、出版社の方で用意して頂くことになりました。

が、もともとこれらの小説は「マンガ」化してみたいという気持ちも持って書いていました。

今回準備を進めている新作では、挿絵にするつもりはありませんが、自分のイメージを膨らませるために、少しばかりキャラクターやシーンを絵にしてみようと思っています。

ついでにブログなどにも使いまわせるかなと考えています。

夢がある以上、イメージがあるはず。

久しぶりに、絵を描く癖を取り戻そうかなと思っています。




posted by papacchi at 19:56| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。