レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年11月02日

モータースポーツ&電動レーシングカート すぐに限界を超えるクルマの難しさ


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


日曜日に「山梨へお昼ご飯を食べに行こう♪」と、『嫌がる』家族を連れてAZ山梨サーキットへ行ってきました。

10LAP3回の走行でしたが、結局ヒントをつかめずに終わってしまいました。

ここのところ毎日、ビジネスネタを考えながら、合間をみては「レンタルカートの乗りこなし方」を色々考えていました。

日曜はそれらをぜーんぶ試してみたのですが、全く相手になりませんでした。

サーキットに居る、速いスタッフさんや、速いお客様と話をさせてもらうチャンスもあったので、図々しくも長々とレクチャーして貰ったんですけどね。

僕のイメージと基本的には同じらしいんですが、結果が違う。

単純に僕が下手ってことは再確認できましたが、どう下手なのかがまだピンと来ない。

限界能力の高いクルマに乗っていた時には感じない違和感を、レンタルカートは嫌ってほど教えてくれます。

ある意味で良い基礎を作れるかもしれませんね。

速く走るという面白さ以外にも、魅力あるサービスを提供するヒントを探さなければならないんですが、こちらも少し展開がありそうです。

今週末のツインリンクもてぎのレースで、某ツールをインプレッションしてきます。

ただ、そのままレンタルカートの魅力を高めるのには使えないので、もう一つ味付けしなければならないと思っています。

それにしても、「タイム」というたった一つの目標に向けて試行錯誤する作業。

楽しいな。

こればっかりやっていても、「キャッチボール」感覚で親子で楽しめるスポーツにはならないんだけどね。

連れてった家族は車の中で1時間半も別のことしてたし・・・。

これじゃ一般のお客様を楽しませるなんて全然無理じゃん。

趣味とビジネスがごっちゃ混ぜにならないように気をつけなきゃ・・・♪




posted by papacchi at 00:10| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。