レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年10月31日

モータースポーツ&電動レーシングカート 愚直な継続


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


モータースポーツに留まらず、特にここ1年は具体的なビジネスの現場を肌で感じる機会に恵まれている。

私自身が発案・試作して企業持込したものもあれば、興味のあるビジネスを始めた企業に出向いて取り組み内容を学んできたものもある。

特に後者に関しては、アイデアよりも具体的な営業方法を学ぶ機会になったと思う。

最初のころは…というか、今でもまだあまり変わらないのだが、初めて企業を訪問しても、何を聞けば良いか、何を話せば良いかが全く判らなかった。

殆どざっくばらんなお話に付き合って頂いたような気がする。

ただ面白いもので、曖昧ながらも同じような訪問を繰り返していくにつれ、共通しているもの、その企業に特有なもの、といった「大くくり」のヒントが見えてくる。

見えてくるようになったのは最近だから、随分と時間が掛かっている。

それに、自分のアクションに反映させられるレベルに達しているわけでもないから、まだまだ役に立っているとは言えない。

しかし、バカになって同じこと繰り返すことは、軽視できない財産を溜め込んでいる様にも感じ始めている。

伺った企業の全てが「すごいアイデア」の商品を取り扱ったり開発しているわけではない。

しかし、1つの商品やサービスを「大切に」そして、「徹底的に」営業していることは、どの企業にも共通していると思う。

その結果、マーケットを広げ、そのマーケットが成長するにつれて指数関数的に更なる広がりを示し始める。

そして、その1つの商品やサービスも少しずつ改善されて新しい商品やサービスへと進化して行く。

2年以上前から毎日続けているウォーキングも、体重低減、体力維持、健康診断結果の改善に確実に効果を示している。

始めたら、バカらしくなっても続ける。

特にリソースを無駄にしないものであれば、積極的に繰り返す。

そのうち気が付いたら、やった分だけ何かしらの財産となっているはずだ。

アイデア、アイデアと、ちょっと試作して売り込んで反応が悪ければすぐ次のアイデアへ飛び歩く…。

そうではなく、いや、仮にそれはそれで良いとしても、少なくとも商品・サービスの1つだけはじっくり「愚直に」売り込み続けて見るべきだと思う。

バカらしくなる気持ちになることは容易に予測できるけれど、それでも続けているうちに、数年後にはまた新たな「財産」を手にしているはずだ。




posted by papacchi at 18:51| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。