レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年10月22日

モータースポーツ&電動レーシングカート サーキット用モバイル電源にシリコンバッテリー


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


レースに参加するにあたり、スポンサー集めの話が出てきて、どこか無いかなぁ…と考えていたら、去年の暮れから電動レーシングカートの試作に関して相談にのって貰っていたモーターシステムの会社さんを思い出した。

今ではモーターシステムの会社…ではなく、新興の電動バイクメーカーとして成長を始めている会社さんと言った方が正しいかな。

去年の暮れくらいには、モーターシステムをほとんど原価で、また、バッテリーは不要となったテスト品をタダで提供してもいいよと言って貰っていた。

まだ貰えるかなぁ。

で、仮にバッテリーを提供してもらうとして、それを何に使おうか…と考えてみた。

パソコンかぁ!

具体的にどう利用するかは全く考えていないんだけれど、20Ahのシール型シリコンバッテリーを貰えたとして、使えるものなのか試算してみよう。

時間オーダーを知りたいだけなので単純計算すると、

・ノートPC 最大100W

を条件とした場合、

使用可能時間=20Ah×12V×60min/100W=144min

約2.4時間かぁ。

これに加えて、DC−DCコンバーターの効率を考えなければならない。

もしかしたらDC−ACコンバーターの方が他のメンバーにとっては使いやすいかも。

これらの効率を50%と考えると、1.2時間。

うーん・・・。4本くらいは用意しておいたほうが良いのか。

で、充電はどうする?

え?充電?

現場で充電できるならACがあるってことか・・・(笑。

仮に現場に無いとしたら、ホテルで充電・・・。

まずいよな、きっと。

自宅で充電して持って行く…として、日程が1日なら足りるかもしれないけど、2日になると2倍必要か?

8本も持って歩く?

消費電力の小さいノートPCを選んで、もう少し効率の良いコンバーターを用意すれば、バッテリー1〜2本は減らせるかも…。

でも、ほんとに使うかな?

それよりも、現金を気前よく出してくれるスポンサーさんが見つかるのが一番望ましいんだけどね♪

甘い、甘い。




posted by papacchi at 18:53| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。