レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年10月05日

モータースポーツ&電動レーシングカート リブ・プロテクターとファッション

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


レーシングカートで体の負担を感じる箇所の1つに脇腹の痛みがある。

サスペンションの無いフレームと、パイプで強固に固定されたFRP製シート、そして瞬時に掛かる強烈な横G。

これらが各コーナーで両脇腹にストレスを与え続ける。

本格的なレーシングカートでは、このストレスを緩和させるのにリブ・プロテクターは欠かせないアイテムになっている。

が、レンタルカートの場合はまだまだ一般的なアイテムではない。

また、少しばかり高価であるし、場合によっては極端に使用頻度が少ないから、個人個人で用意するのにはあまり適したグッズでもない。

そんなところにファッションの1つとして、リブ・プロテクター機能付きのジャンパーが出現したらどうだろう?

リブの構造次第ではウェストを引き締めるコルセット機能も兼備できそうだ。

ちょっとしたスリム・アップジャンパーとして、カート用以外でも人気が出る・・・かもしれない。

素材も布タイプからレザータイプまで、はたまた新素材まで、一般的なジャンパーと同じようなデザインも持ち込める。

リブはジャンパーの内側でも外側でも、デザインに併せて設ければ良い。

最近は半そででも乗車可能なレンタルカートも増えているそうだから、袖の有無や袖の取り付け取り外し可能なモデルも考えられそうだ。

街着として利用するなら春か秋用になってしまうかもしれないが、バイク用としても活用できるだろうし、意外と面白い活用の仕方を考えてくれるかもしれない。

レンタルカートに乗車してオイル汚れが付く可能性がまだ残っているが、このあたりはサーキットやマシンメーカーが今後対策していくべき課題。

ファッションを楽しんでもらう一助になるかもしれないから、こんなくだらないアイデアだけど頭の片隅に残しておこう。

って言うか、もう売られているのかもしれないね(笑。




posted by papacchi at 19:25| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。