レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年09月15日

モータースポーツ&電動レーシングカート チャンスを提供する


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


インターネットが普及したことで、パソコンにはさらに1つ魅力が増えたと思っている。

私自身もここ数年、色々と試行錯誤しながらチャレンジしているアフィリエイトだ。

それまではフリーのソフトをダウンロードしたり、面白い情報を集める用途に使うことが多かった。

その後ブログが普及して、「集める」だけでなく「発信する」楽しみが増えた。

さらにそこへアフィリエイトが現れた。

もう、多くの方がご存知だと思うが、自分のブログやホームページに企業の広告を掲載して、そこを経由して読者が商品購入などをした際に「紹介料」を貰えるシステムがアフィリエイトだ。

アフィリエイトが登場したことで何が魅力になっているかと言う点だが、インターネット・ユーザーに「チャンス」が与えられたと思っている。

もちろんあくまで「チャンス」だから、確実なリターンが得られるわけではない。

ただ、数少ないではあろうと思うが、そのチャンスをしっかりとモノにしたユーザーもいると思う。

私もチャンスをものにしたとは思っていないが、少なくとも僅かばかりのリターンは毎月安定して獲得している。

だから、私は幾つかのブログをいまだに閉鎖できずに書き続けている。

電動レーシングカートは実用品ではない。

だから、一家に一台無ければ困るというニーズはきっとこの先も生まれないと思う。

ただ、所有していると何らかの「チャンス」が生まれるように出来ないだろうかと考えている。

もちろん所有するといっても決して安くない。

もう少しハードルを下げるなら、レンタルのレーシング・カートを利用すると「チャンス」が手に入るというスタイルの方が受け入れて貰いやすいかもしれない。

このチャンスを、多くのユーザーにとっても役に立つモノにできれば、「利用頻度」を高めることに役立てられるかもしれない。

極端な例だが、パチンコや競馬なども「チャンス」を提供していると思う。

もちろん宝くじなどもそうだ。

レンタル・レーシングカートを利用することで「即」現金化できるチャンスにすべきかどうかは別の議論が必要だと思う。

が、中途半端な「無料走行券」などをプレゼントするよりも、「一般的ニーズ」に近づけられるアイデアだと思う。

この場合、速ければチャンスが広がる・・・というやり方も避けるべきだろう。

ラップタイムがすべて同じ数字・・・「33秒333」などによって「おめでとうございま〜す!」というスタイルでも面白い。

「裏ドラ」タイムなどを用意するのも面白い。

もちろん現金を直接提供するのは法規制上の制約があるだろうから、よくよく調べてお客様の迷惑にならない方法をしっかり構築する必要がある。

しかし、単なるストレス発散のホビーではなく、「チャンス」も与えられるホビーとして、特定の顧客(走るの大好き!)以外のお客様へもアピールするような仕組みが必要な気がしている。

特に現在のような経済不安定の中では、娯楽費を切り詰めるのは珍しくも無いことだ。

そんな時でも、ある程度安定感のあるサービスを提供したいのなら、楽しさだけでなく現実的な「チャンス」も一緒に提供出来る仕組みを構築すべきだろう。




posted by papacchi at 20:12| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。