レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年09月04日

モータースポーツ&電動レーシングカート 自己都合

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


仕事の依頼を貰って帰ってきて、チーム内の専門の担当に割り振って行くとき、必ずと言って良いほど文句が返ってくる。

「何でそんな条件で…」

明らかに「面倒な仕事を請けて来やがって…」というセリフが表情に浮かび上がっている。

僕自身もそういう表情を幾度となく見せて来たと思う。

しなくて良い仕事ならしない方が楽に決まっている。

サラリーマンは非常に優遇された仕事だ。

特に僕が勤めている会社は従業員がウン万人も居てくれるから、仕事の出来る人間が一生懸命稼いで来てくれて、仕事が出来ない人間もその恩恵にあずかって安穏として食って行ける。

ただ、仕事が出来ない人間であっても、顧客と向き合って仕事を得てきた場合には少しばかり心境が違う。

顧客から「何とか頼みます。」と面と向かって与えられた仕事も少なくない。

顧客の立場や心境をその場で共有してくるわけだから、仕事と一緒に「情」の感覚も持って帰ってくるわけだ。

ところが会社で待っている他のメンバーから見れば、彼らの顧客は「仕事を持ってきた」同僚になる。

いや、この時点で顧客ではなく、「そんなに頼むならやってやるか…」という逆転した立場に置き換えられている。

メンバーたちは仕事を持ち帰った同僚に吐き出したセリフだと思うかもしれないが、それはそのまま顧客に対して放った言葉でもある。

「顧客ニーズをつかめ」、「顧客の声を聞け」と騒がれている時代にもかかわらず、大きな会社の細分化されたシステムは顧客の「情」も遮ってしまう。

結局会社の中に居詰める業務担当者は、いつまで経っても顧客の身に自分を置き換えて考える機会は得られないだろう。

ローテーションが一つの大企業病対策として提案されているが、業務内容によっては顧客の前に一生立つことも無い人間は必ず残る。

そしてそれはほとんどの従業員に該当すると思う。

僕が立ち上げるビジネスでは、こういう構造的な問題は残したくない…と思う。




posted by papacchi at 19:07| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。