レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年08月23日

モータースポーツ&電動レーシングカート はけ口、逃げ口、逃避行動


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


またまた、モータースポーツから脱線で。

休み明けの出勤日に必ず感じることがある。

出勤時間がフルに使えたら、どれだけ自由に活動できるだろうか。

非常に不思議な疑問である。

例えば今日、週末明けの月曜だとしよう。

私の場合は週休二日の勤務体系であるから、土曜、日曜はフルに自分のために活かせる時間だったはずだ。

ところがどうだろう?

100%思い通りに、その時間を活用しただろうか?

答えは否だ。

どんなに集中できた週末あっても、夢中で活動できた週末であっても、「時間が足りない!」と思えるほど目一杯やりたいことを続けた日はそう多くない。

ウィークデーをぼんやりと過ごし、週末を迎えてから「さて、何をしようか…。」と考えている比率が如何に多いことか。

休日明けの朝に感じる「不満感」は、単なる逃げ口上なのだ。

今の自分には出来もしないことを棚に上げて、不満を吐き出したい欲望に駆られているだけ。

これは至ってネガティブな発想だ。

それよりもこう考えるべきだと思う。

「いやなことが沢山あるから、僅かな時間を大切に出来るのさ。」

実際、週末に比べて平日の僅かなプライベート時間に行うビジネス・アクションは密度が濃く、しかも着実に前進している。

それに比べて、週末になると本業と起業準備から開放されたい気持ちが勝っている。

週末だからといって、100%起業準備に時間を割り当てようなどと無理なことを考えるのではなく、家族との時間を充実させると同時に、決めた割り当て時間内に密度の濃い作業を行うように心がけた方がよほど気持ちにもゆとりを感じられるだろう。

もちろん起業準備がどんどん捗れば、自然と割り当て時間が不足して、本当の意味で「時間が欲しい!」と思えるようになるはずだ。

そして、時間不足を嘆く以上に、より効率的な時間の活用方法を見出そうと努力すると思う。

逃げ出したい気持ちを逆手にとって、自分を上手く御することもこれからの課題だ。




posted by papacchi at 20:06| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。