レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年08月15日

モータースポーツ&電動レーシングカート 終戦の日、譲り合いの気持ち

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


今日は日本の終戦の日でした。

僕が幼かった頃は終戦後20数年〜30年ということもあり、また、秘匿されていた事実が少しずつ公になり始めた時期でもあり、テレビで数多くの特集が放映されていたのを思い出します。

年々その頻度も少なくなってきたように感じていましたが、今年は本当に少なかったように思います。

私自身は戦争を肌で感じたことなどありません。

小学生の頃にテレビや写真集、書籍などで「記録」を閲覧したことしかありません。

突き詰めて調べたこともありませんが、年に数冊は未だに書籍やDVDを手に入れて、知らなかった事実に触れる機会は持つようにしています。

個々の事実に対する良し悪しの判断は正直困難ですが、少なくとも事実を知っておきたいという気持ちがあるようです。

競い合うことは好きです。

ただ、邪魔なライバルを消し去ろうという気持ちは湧いてきません。

まして、障壁となるものを破壊して無きものにしようという発想すら持てません。

ビジネスの世界では、これからますますWIN−WINの関係が重要になると言われています。

これは人類創始から存在した、当たり前の考え方です。

ただ、その輪に入れない人もいた。

これからもそうかもしれません。

でも、このときに、輪に入れない人にはWINが及ばなくて良い・・・。

そういう発想は持ちたくないと思います。

誰もが諸手を挙げて賛成してくれる事など無いとも思っています。

でもそういう人たちに対して、積極的に不利益を増加させないように配慮することは出来ると信じています。

譲り合いの気持ち、尊敬の気持ち、尊重の気持ち。

細い路地ですれ違う際に、自ら立ち止まって相手に道を譲る。

今はその程度しか出来ませんが、ずうっと続けて行きたいと思います。

生きていることに感謝して、今日もしっかりウォーキングしてきました。

蒸し暑い日が続きます。

イライラしている人が多いことも肌で感じています。

でも、少しでも気持ちにゆとりを持つ「努力」を続けて行こうと思います。

道を譲ったときに、怖そうな表情のおじさんが頭を下げてくれたりすると、捨てたもんじゃないなって思えますからね。




posted by papacchi at 21:20| Comment(0) | #.日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。