レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年07月27日

モータースポーツ&電動レーシングカート トラブルシュートを楽しむ

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


最近自宅でちょっとした問題が起きた。

その時に思わず言ってしまった。

「俺の邪魔をしないでくれ!」

実際の表現はもっと穏やかだったが、言っている事には違いはない。

まるでサーキットでクリアラップを得られずに怒鳴っているのと同じだ。

が、レース中はどうだろう?

もちろん先頭を走り続けているのが一番楽しい。

が、パッシングすることも嫌いじゃない。

なのに、こんな腹の立て方をするとはどういうことだ?

そうだ。

自分の能力では抜けないことが痛いほど判っているのだ。

だから、自分に対して不満が募り、最後にそれを他人にぶつけてしまう。

全く大ばか者だ。

確かに自分が使える時間は毎日僅かしかない。

だが、トラブルは毎日起きるわけではない。

それに、トラブルはチャンスだと自分で言っていたではないか。

現に、今は先のトラブル解決で気づいたアイデアを活用できないだろうかと考え始めているくらいだ。

しかし、トラブルを報告されたときに、それを自然体で聞き入れられなかった。

この時点で多くの損をしている。

怒るべきときは怒り、喧嘩すべきときは喧嘩をすれば良い。

だが、その時を冷静に判断できなかった。

基本姿勢は「よく聞いて、よく考える」だ。

考えることは、今から何をするのが一番良いのかだ。

いつ怒り、いつ喧嘩すべきかを考えるのは最後の最後で良い。

トラブルからリカバリーするという成功体験を増やせるのだ。

問題発生、ウェルカムだ。

本業で一番得意としているスキルなのだから。




posted by papacchi at 19:19| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。