レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年07月18日

モータースポーツ&電動レーシングカート 熱い会話、冷静な会話

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


話の前フリに割り込むように、洪水のように持論を展開する人が多い。

一度割り込まれてしまうと、こちらが口を挟む余地も無い。

既に会話では無く、独演会を聞かされる羽目になる。

会話をしようと提案したつもりなのだが、どこが気に入って貰えなかったのだろうか?

独演会中に、耳を閉ざしてそう考えてしまう。

こういった場合、相手の人は私の前フリに出てきた2,3のキーワードを先入観を持ってピックアップし、私が思ってもいなかったテーマの話題を作り上げてしまうらしい。

人の良い私は、聴いているような顔をして、抑揚のある独演会の句読点部分で尤もらしく頷くしかない。

私は議論をし始めると、極論と論拠にこだわってしまう。

だから、こういったケースでは私からは可能な限り意見を提供しないことにしている。

喧嘩になってしまいますからね。

それにしても、この独演会は最後まで相手を何を言いたかったのかが判らない場合がほとんどだ。

よほどそのテーマが好きなのだろうか?そうだとすると嬉しいのだが、私を打ち負かそうという意図があるとすると、何をして機嫌を損ねたか気になって仕方が無くなる。

こういうことが続くと会話をするのも気後れしてしまう。

お互いの意見から面白いアイデアを引き出し合えるような会話を存分に楽しみたいのだけれど。

一方、コンピューターが投げかけてくる会話は非常に明快だ。

PC:「ポートが他のアプリケーションによって使用されているため、このプログラムは起動できませんでした。」

私:「そうですか。では他のアプリケーションを止めなければなりませんね。他のアプリケーションとは何ですか?」

PC:「ポートが他のアプリケーションによって使用されているため、このプログラムは起動できませんでした。」

私:「いえ、それは先ほど伺いました。」

PC:「ポートが他のアプリケーションによって使用されているため、このプログラムは起動できませんでした。」

私:「では少し質問を変えて・・・。」

PC:「それには答えられません。存じませんので。」

私:「そうですか。」

この場合も私の意見など受け入れて貰えないのだが、意図は理解してくれるので、はっきりとした答えを返してくれる。

この場合、私は他のアプリケーションやエラーログとの会話を楽しめば良い。

ただ、その相手をどこで見つけるか、その相手がどれだけ役に立つ情報を教えてくれるかは見当も付かないけれど。

ということで、昨晩もサーバーのエラーに悩まされていました。今日もその続きの作業が多くの時間を占有するでしょう。

寝不足明けで出社した午前中ですが、少し息抜きをしようと休憩室へ行った時に、洪水のような独演会を30分以上も聞かされました。

おかげでサーバーエラーの悩みから一瞬開放してもらえたのは幸運だったかもしれません。

ただし、別の欲求不満を溜め込んでしまいましたけどね。




posted by papacchi at 18:46| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。