レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年07月10日

モータースポーツ&電動レーシングカート Frank Williams 去る

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


ロータスの創始者Colin Chapman。

私が唯一尊敬する人物だ。

彼のことは雑誌の情報程度しか知らない。

だが、そこで知り得た僅かな人となりが、私の人生の一つの岐路を大きく左右した。

Colin Chapmanの死後、F1界の特定の個人に夢中になったことは無い。

いや、Colin Chapman以外に理想の人物として偶像化出来た人は、これまでの人生で一人も居ない。

それでも、インパクトを与えてくれる人々はもちろん居た。

その一人がFrank Williamsだ。

交通事故のニュースを聞いたときには大いにショックを受けた。

Saudiaのロゴを纏った白とグリーンのF1マシンでチャンピオンを獲得し続けた時代もある。

彼はとてもシビアなチームマネージャーという印象が強かった。

しかし、Ken Tyrrell以上に若手ドライバーに愛情を注げる、人間味に溢れる人物でもある。

そのFrank Williamsが第一線を退くことになった。

いずれ迎えざるを得ないとは理解していたが、いよいよそのときが来たようだ。

ロータスと異なり、ウィリアムズは近代F1でも歴史を刻んできた。

Colin Chapman亡き後のロータスとは違い、ウィリアムズはFrank Williamsが去った後も独自に進化を続けると思う。

寂しいことだが、大きな財産をF1界に残してくれたことで相殺するしかないだろう。

もちろん、これからも何かしでかしてくれることを期待したい。




posted by papacchi at 21:59| Comment(0) | 3.モータースポーツと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。