レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年07月01日

モータースポーツ&電動レーシングカート 公用語に英語

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


日本企業がグローバルチャレンジのスタートラインに立つ大きな起爆剤を放ち始めた。

楽天

2012年からはファーストリテーリング社も公用語に英語を使用することをリリースしている。

随分以前から「大企業」と呼ばれる会社がグローバル化を宣言している。

が、実態はお寒いものだ。

為替損益に揺さぶられるような企業体質が依然として骨組みから抜け切れないだけでなく、もっと基本的なポテンシャル、そう、コミュニケーション・メソッドが日本文化そのものを吹っ切れていなかった。

海外事業部に相当する部門では、確かに海外コミュニケーションはずば抜けたポテンシャルを備えているものの、それは1企業全体から見れば人員面で1%にも満たない。

研究所と呼ばれる先端情報を扱う部門でも、少なくとも英語によるコミュニケーションは一握りの人員でしか対応し切れていない。

国際学会などへのエントリーも増えているが、発表後の質疑応答でしどろもどろになっている姿は未だに減らない。

これから先もこの傾向は容易には変わらないだろう。

そんな中で、ようやく本質を変えようとする企業が現れたわけだ。

これらの企業は従来の日本流ビジネスを大きく変えた企業ばかり。

成長を続け、必然的にワールドワイドに討って出るステップを迎えた証ともいえる。

特に楽天はWEBを最大限に活用した企業だ。

既に世界と直結しているフィールドで活躍している。

ただ、そのアクションは必然的に言葉の国境によって日本国内に閉じ込められていた。

それを打破すべく、自らの意思で国境を飛び越えようとしている。

従来型の「大企業」にこれが出来るか?

全面的な「血液の入れ替え」を実行しなければ…。

かなりの粗治療が必要だろう。

私自身のWEBサービスも海外進出を当初から意識しているものの、サイトそのものはまだ日本語オンリーになっている。

このままではタイミングを逸する可能性が高い。

さっそく今日から言語面でのサービス補強を本格的に行う決心をした。

本サイトも近いうちに、せめてバイリンガル構成くらいには改変して行こうと考えている。




posted by papacchi at 23:19| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。