レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年06月26日

モータースポーツ&電動レーシングカート 目標は大きく…の意味

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


目標は大きいほど良い。

よくそういう台詞を耳にします。

まあ、それはそれで良いと。

でも実現しようと活動を始めると、大きな目標はとてつもなく重たい荷物となって肩にのしかかってきます。

一方、出来る事からコツコツと…。

これもよく耳にする台詞です。

これもこれで良いかと。

とはいえ、コツコツ何をするかが重要です。

先ほどの大目標に向け細かく区切られたマイルストーンをコツコツとクリアして行く。

求められているのこういうことなんです。

片方だけを意識していても結果には結びつかない。

私はどちらかというと、前者も後者も意識しつつ、実際はリンクしていない、無駄な活動を数多く続けている気がしています。

やりたいことに直ぐに取り掛かったら?

客観的に見れば、私自身でも言いたくなってしまうほど無駄が多い。

でも、プレイヤーとして作業を始めると、ベクトル…そう、大目標が掲げられている方向を見失いながら、勝手なマイルストーンに区切って活動している。

これじゃいつまでたっても、「やりたいこと」になんか近づく訳がありません。

WEBサービスで稼いで、モータースポーツビジネスに乗り込んでいく。

最低でもこういったベクトルを持っているわけですから、それなら具体的にどうステップアップしていくのか?をきちんと区切っておくべきです。

それが、直ぐに何でもいいから取り掛かりたい…という、プレイヤー視点に収まりたがってしまう。

考えてばかりいるのは当然避けるべきですが、PC画面に向かっていることで「何かした気分」を満たすことに夢中になっていては本末転倒。

本当に「早く」起業したいのか?と、もう1人の自分が呆れて見ているのにも気付いているのに…。

焦っているのも理解できるし、具体的にアクションを続けていればそれなりにリアクションを期待できるのも理解できる。

でも、ストーリーを持たないチャレンジは、思い付きの趣味的行為以外の何ものでも無いですよね。

もう少し腹が据わっているかと思いましたが、小心者だとつくづく思い知らされてしまいます。

まあ、気付いているんだから、どうにかしようよ。

ね、私。




posted by papacchi at 19:38| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。