レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年06月14日

モータースポーツ&電動レーシングカート やはりモーターサイクルが先行・・・!TT ZERO @ ISEL OF MAN 2010


モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


英国マン島で開催されたTTレース。

今年もゼロエミッションクラス(TT ZERO)が開催された。

↓このマシンが、EVモーターサイクル!

motoczysz.png

[引用:モトシーズ]

美しいし、ド迫力です。

実はこのゼロエミッションクラス(TT ZERO)では平均速度100マイル/hというチャレンジ・ターゲットが設定されていました。

いよいよ今年、その記録が突破されるのでは・・・と期待されていましたが、惜しくも!平均速度96.820マイル/h(約155km/h)。

昨年から本サイトが電動レーシングカート試作のためにモーターシステムに関して問い合わせさせて頂いていた「APA X’POWER(アパックスパワー)」の社長が、密かにこのゼロエミッションクラス(TT ZERO)を狙っています。

もしかしたら、来年、かつてのホンダのようにAPA X’POWER(アパックスパワー)が世界を席巻するかもしれません。

今年の優勝マシン(上の写真)は米国MotoCzysz(モトシーズ)社製で、Mark Millerが駆りました。

まあ、5台のマシンのエントリーで5周というレースですが、これはやはり画期的な試みです。

電動レーシングカートで公道レース。

これを日本全国、転戦してシリーズ化したいと思っているんですが、当然、最終的には世界中を転戦。

フォーミュラクラスで公道レースを転戦するって言うシリーズも面白いかもしれませんが、レーシングカートのスピードと、狭い公道とのマッチングは絶妙なスリルを堪能させてくれると思います。

上の写真を見てしまうと、EVレーシングカートも従来のレーシングカートの延長線上にある必要はないな・・・と感じさせられました。

レーシングシーンは進化し続けている。

うん。

久しぶりに、刺激受けてます、私。




posted by papacchi at 21:10| Comment(0) | 4.電動レーシングカート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。