レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年05月25日

モータースポーツ&電動レーシングカート FXとのバトル

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


昨年の2009年初頭に20万ほど、外国為替証拠金取引「FX」でふっ飛ばしました。

アフィリエイトで溜め込んでいた資金を、ただ貯めて置くだけでなく活かせないかなぁ…と思ったわけです。

手を出して1ヶ月で撤退(笑。

奥様には呆れられましたが、まあ家計とは別に趣味で稼いでたんだから…と言って貰えたのが情けなかったですね。

で、エンジニアの習性って言うんでしょうか…。

単純に悔しいだけなんでしょうけど。

実は未だに分析を続けてます。

さっぱりまだ突破口が見出せていませんけど(笑。

トレンドがありそうだということは感じています。

何か恣意的なアクションが、あの大きなマーケットを軽々と動かしているケースもありそうだとも感じています。

FXで検索すると、「儲けてます」、「儲かります」というサイトがずらずらっと並びますよね(笑。

確かにレバレッジと複利のメカニズムで、「勝ち続ければ」とんでもない利益になることは理解できます。

でも、勝つより負ける方が早い。

基本的に、負けない絶対的な方法は一つしかありません。

「手を出さない。」

FX経験をお持ちの方ならお解かりになると思いますが、発注を掛けたその瞬間、「スプレッド」分の負けが発生します。

必ず誰もが「負ける」んです。

まあこの負け、取引業者への手数料みたいなもんです。

でも、取引開始と同時に負けから始まる。

これは大きなハードルです。

また、結果的にトレンドに従えば勝てていたケースでも、突発的な変動でロスカットに会い、大きく負けるケースもしばしば。

資金に余裕が無いトレードも負ける要因の一つです。

過去のデータを分析しても駄目そうだと言うことも感じてきています。

先日1年ぶりに取引して、結果的に2万円よ、サヨウナラ〜になりました。

1年の研究の成果はマイナス2万。

で、そのあと「やっちゃいけない」山勘取引で4万返して貰いました。
あぶね〜。

もう、さっぱり判りません。

「手を出さない。」

これが原理原則、大鉄則。

でも、何かあるはずだ…と、まだ悩む。

多くの研究が為されていて解明できないものに、素人が挑むこと自体無理があるんですけど…。

そもそも、為替相場に「勝ち、負け」なんて表現を使っている私のようなレベルでは、端から太刀打ちできないんでしょうね。

でもパズルめいていて、正直面白いと思います。

社会的に有益性が見出せないと言われるFX。

株式と性質が異なります。

大義名分が見出しにくいという言い方のほうが近いのかな?

だから、純粋にメカニズム追求を趣味として楽しむ程度に留めるべきだと思って分析を続けています。

ホンと、突破口は無いものか…。

タイムマシンが欲しくなる(笑。

そんなこと考えながら、WEBサービスの開発加速も進めてます。

困った倒産寸前社長だ…。

「PORSCHE計画」真面目にやれよな!



posted by papacchi at 18:59| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。