レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年05月23日

モータースポーツ&電動レーシングカート バカを承知で、もう少し付き合ってみようと決心

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


最近「15歳からのファイナンス理論入門」を読みました。

リスク分散に関する記述が簡単そうに書いてあったので、すぐ読めそうだと思ったのが理由です。

非常に平易な表現だったので確かに判りやすかったですね。

中学生くらいの早いうちから学んでおけば良いと言うコンセプトは僕も同感です。

で、リスク分散についての思考法が定量化できる形で説明されていたのが参考になりました。

先の事など誰にも判らない。

この事実を初期条件として受け止めたうえで、リスク分散をどう考え、どのように定量的に判断するか。

なかなか判りやすく、すぐ取り入れることにしました。

この本を読んでインスパイアされ、ここ最近、FXを使った実験を進めています。

実験といっても利益を追求したいですから、本音は結構必死です(笑。

本音を言うと「PORSCHE計画」にも組み込んで行きたいと考えていて、どうにかできないかなぁと悩んでいました。

昨年春に20〜25万ほど飛ばしています。

実は今年も10万ほど飛ばしています。

1円も利益回収していません。

ただ、「諦めた〜」と言うのは簡単。

本当に「無理」なものなのか、きちんと理解した上で撤退が継続かを決めたいと思ったわけです。

単純な計算関係から言えば、リスク分散の式上では明らかに「撤退」判断しなければいけないと思いました。

が、少し視点を変えて、これまでの負け方を簡単にモデル化して計算をしてみました。

意外なことがこの簡単な計算から判ってきましたね。

で、ものは試し!と、現在の実験を始めたわけです。

目標は±0のコントロールが可能であることを立証する実験。

確率論ですから当然マイナスばかりが生じることも在りえます。

実験を開始する上でもう一つの気付きがあったのです

これは定量化するにはかなり大掛かりなプログラムを組まなければいけないのですが、今はリアルタイム・チャートを見ながら大まかに暗算しつつ実験を進めています。

この実験を始めて判って来たことがかなりあります。

これまでとは負け方勝ち方が全く変わりました。

メンタル面、フィジカル面での発見もありました。

チャートをもとに、気持ちの管理も出来る可能性があるようです。

気付いたことと、計算で発見したことの「たった2つ」を組み合わせるだけで、スプレッド分の負けを考慮しても、狙って±0をコントロールすることがほぼ出来そうなトレード・モデルをようやく一つ構築できるまで進展しました。

もしかしたら、プラスにして行くコントロールがかなり自信を持って実行出来るようになるかも知れません。

まだ未知数なリスクも当然あるでしょう。

いきなり稼ぐという視点がそもそもこれまでの大失敗を発生させていました。

しばらくは稼ぐ視点から少し外れて、「あくまで実験」のスタンスでもう少し継続してみようと思っています。

まあ理論破綻して撤退に終わっちゃう可能性の方がまだまだ高いですけど(笑。

毎日一歩でも前進しながら、失敗に終わるとしても結果をはっきり出すまでやり通す。

FXも同じアプローチで進めてみます。

まあ資金が残っていることが条件になっちゃいますけどね(笑。

これがビジネスか…?については、僕自身も疑問を持っているのであまり傾倒しすぎないようには気をつけます。

あくまで電動レーシングカートの開発資金を取得すること、モータースポーツビジネスに参画することが目標であって、そこへ向けての初段の1プロセスなんですから。



posted by papacchi at 19:06| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。