レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年04月28日

モータースポーツ&電動レーシングカート 資金集めの基本中の基本

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


貯金始めました。

3年前にブログをはじめたときに思い描いたのは、「自分の小遣いは自分で稼ぐ」という目標でした。

具体的数値目標にはまったく届かないものの、今やっているサーバー運営などはアフィリエイト収益を投じて実現したものの一つです。

最近は現金化できるようになりましたが、これまで楽天市場ではポイント成果しか得られませんでした。

でも、年間20〜30万以上の収益は意外と馬鹿にならないことも実感できました。

基本的に、毎日1時間程度記事を書き続けるだけです。

もちろん最初のころはSEOの本を買い漁って、何をどうしたら…という勉強はずいぶんやりました。

でも、それらのコストを差っ引いても、家計からの出費は電気代と通信費のみ。

それ以外は本業以外の「ビジネス」から自力で稼ぎ出して支出に当てることが出来る様になりました。

ふと思ったのは、支出より収入を増やし、貯蓄を増やすと、いざというときに「お金」で諦めずに済むという現実です。

今までは、あれば使い切るようなお小遣いの使い方になっていました。

お小遣いといっても、交通費、タバコ代、書籍代、工作用の材料費程度を貰っていただけで、あとは奥様の計画に任せていました。

だから、僅かなお小遣いくらい…と、使い切ることに何の躊躇いも持つことはありませんでした。

が、アフィリエイトで感じたこと。

1円を稼ぐことがいかに大変か。

本業では、はっきり言って、毎日通勤するだけで平均的なサラリーを大幅に上回るお給料は頂いています。

ですが、自分ひとりで何とかしようとすると、まったくお話にならない。

これが実力だと悟りましたね。

本業で偉そうなこと、知ったようなことを毎日論じていても、一人じゃ何にも出来ない。

もし、「明日から来なくていいよ」と言われたら、正直お手上げです。

もともとビジネスを学び、実践し、起業に結び付けようと思ったのは、本業に100%依存の生活は危なっかしいと感じていたからです。

そして、本当にやりたい仕事を思いっきりやりたいと思ったから。

でも、そこには矛盾がありました。

 「面白いこと=安心して生活できること」

とは限らないということです。

アフィリエイト収益も、実は稼ぐとすぐ使ってしまっていました。

今頃気付いたのは子供以下ですが…。

貯めなきゃ大きなことはできない。

で、アフィリエイトと、お小遣いは、使い道を考えるのではなく、先にどれだけ貯めて膨らませられるかに楽しみを持とうと。

試作開発、起業に必要な金額もおおよそ見積もっています。

だったら、それをさっさと貯めちゃうのが先でしょ?と。

お小遣いを削ってまで貯金しようと思ったのは、実は生まれて初めてのこと。

でも、先週末に初めて必死で残したお小遣いを振込みに行ったとき、とても嬉しくなっちゃいました。

妙な達成感、ありますよね。

っていうことで、PORSCHE計画は、こんな地道な活動も巻き込んで展開しています。



posted by papacchi at 21:09| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。