レンタルカートからフォーミュラまで!走行会でも御馴染み♪
低価格&プロ仕様 マイクロカプセル型GPSロガー「デジスパイス」
[New!!]

2010年04月09日

モータースポーツ&電動レーシングカート 出来上がりつつあるビジネスツールの土台

モータースポーツ"NEXT STAGE" >> トップページへ


サーバー構築作業の大きな山場を一つクリア。

ここまでに半月以上を費やした。

アイデアグッズ試作などとの掛け持ち、不具合などの原因となっている不勉強な部分の学習も並行していたため、意外と苦労した感がある。

が、今週末までに突破するというスケジュールを前倒して完成できたのは自信になった。

WEBサービス向けのアプリケーション作製をゴールデンウィーク中に進めたいと考えており、サーバーとしての基本構成はそれまでに全て完成させる必要がある。

引き続き、個々の作業の日程を明確にして作業を進めようと思う。

サーバー構築の作業では日記風のドキュメントも記しながら進めている。

既に膨大なボリュームとなっているが、どれもノウハウとして役に立つ体験記だ。

WEBを活用したビジネスを試行したいと思ったときに、いきなり有料のレンタルサーバーを借りたり、自分のリソースに負荷を掛けたくないのは多くの人も感じていると思う。

ビジネスモデルとしてある程度形が出来上がってから、本格的に有料サービスを利用する。

理想的にはそういうステップが良いと感じることもある。

が、自分でサーバー程度を構築できるようになっていれば、サーバーそのものをビジネスツールとして独自アイテムとして拡張できるようにもなる。

そう考えると、手間は多少掛かるが、少しだけの勉強で多くのノウハウを得られる作業として、やってみる価値はあると思っている。

既に破損して閉鎖しているWindowsベースのサーバー構築ノウハウも、今回のサーバー構築作業には間接的に役立った。

全体間が把握できてしまえば、決して特殊な技術を必要とするものではない。

極端な話、中学生くらいでも自分のサーバーを構築して、オリジナリティ溢れたWEBサービスを提供することは可能だと思う。

私自身が今後進めていくWEBサービスの開発と並行して、今回得ているUNIX系サーバー構築ノウハウも一つのブログとして公開して行こうと考えている。

こんなサービスを提供したら成功するだろうか?

そういうアイデアが、不動産や設備投資にリソースを裂かれること無く、手元にあるパソコンで実現できる。

しかも思い立ったすぐその時からアクションを始められる。

少し英語が使えれば、そのままグローバルに展開することも出来る。

WEBビジネスの最大の醍醐味はここにある。

早く新しいWEBサービス開発に取り組みたいと思う。

アイデアグッズの試作とバランスをとりながら、さらに加速して立ち上げ作業を進めようと思う。




posted by papacchi at 19:40| Comment(0) | 8.活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。